駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

金沢 篤 (カナザワ アツシ,KANAZAWA Atsushi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1サンスクリット語初級 2021年度 仏教などインド起源の宗教・哲学や文化・歴史を本格的に学ぶために不可欠の語学であるサンスクリット語の入門。 
2インド哲学史 2021年度 仏教を産んだインドのヴェーダ体制の内実を探り、様々な宗教・哲学の歴史的変遷を概観する。 
3仏教と人間 2021年度 この授業は駒澤大学の建学の理念である「仏教の教義並びに曹洞宗立宗の精神」に基づいて行われるものである。宗教全般についての理解を深め、仏教および禅の基本的な歴史や教義について概説するとともに、仏教が広がった地域社会の生活や文化に与えた影響などについても学ぶ。また、これらの視点から、人間が生きてゆくうえで直面するさまざまな問題についても考える。なお、年1回、坐禅実習を行う。 
4演習Ⅰ 2021年度 仏教の成立・展開にも大きく関わった、インドの思想史・文化史的背景を伺う種々文献資料や、いわゆる正統バラモン哲学の基礎的な文献資料を原典で読む。 
5インド仏教思想史 2021年度 仏教出現に遙かに先立って成立・展開を見たインドの伝統的な諸思想と仏教思想の対比を前提に、原始仏教、部派仏教、初期大乗仏教、中期後期大乗仏教といったインド仏教の思想史的展開を概説する。教科書などを常に参照し、常に具体的なテキストの記述に則って、授業を進めたい。 
6サンスクリット語上級 2021年度 仏教などのインド起源の宗教・哲学や文化・歴史を本格的に学ぶために不可欠の語学であるサンスクリット語の上級篇。 

 

教育方法の実践例
No.タイトル年月日概要
1学習・研究の方法に関して  2000年 - 現在 ノート型PCによる仏教学習・研究の為の方法の模索と普及に腐心した。大きな辞典等の持ち運びの制約からの解放の為に努力し、実現した。 

 

教育能力評価
No.タイトル年月日概要
1『駒澤大学大学院仏教学研究会年報』第37号に「巻頭言」を書く  2004年05月 大学院生の研究のあり方に関して教育的に概説した。 
2『VOICE 2004』の仏教学部仏教学科の紹介欄で発言する  2003年10月 学部学科の教育内容に関する質問に対して概説した。 
3『学園通信』第244号「研究余話」に「ダルマと法」を書く  2002年04月 仏教学、仏教学研究のあり方に関して教育的に概説した。 
4『駒澤大学仏教学部論集』第31号に「《論評》パソコン時代のインド学(二)」を書く  2000年10月 時代に即した仏教学研究のあり方を教育的に十全に論じた。