駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

李 焱 (リ エン,LI Yan)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1演習Ⅰ 2022年度 企業会計に関する基礎的なテキストを学習する。基本的にテキストの輪読形式で演習を進む。テキスト内容について、MS Wordを用いて、要点を纏めた文書を作成し、それに基づく発表を行い、その後皆でディスカッションを行う。 
2演習Ⅱ 2022年度 企業会計に関するテキストを学習する。テキストの輪読形式で演習を進む。テキスト内容について、MS PowerPointを用いたプレゼンテーションを行い、その後皆でディスカッションを行う。 
3卒業研究 2022年度 学生が、これまでの学習の成果をもとに、問題意識をもってさらに深く検討することにより、専門性の高い知識の習得と一貫性のある論理構成能力の向上させることを目的とする。 
4会計学基礎a 2022年度 本講義は、新入生のために企画された、会計学の初心者向けの入門的なものです。大学でこれから学修することになる専門科目になじみ、高度な専門性を身につけていくうえで、必要な会計学の基礎知識や考え方を学びます。大学では年次を経るにつれ、学問の体系や研究の発展に沿って、様々に分化した専門科目の受講が求められます。会計学についても、簿記から始まり、財務会計、原価計算、管理会計、経営分析、監査、税務会計などの科目に分かれていきます。このような科目を受講する際に、それがどのような内容のものであるかを知り、その科目間の関係をあらかじめ理解しておくことが重要です。会計学は社会に出てから大いに役立つ学問です。本講義が、より専門的な学習へのガイドとなり、将来に向けた良いスタートを切るものとなることを願っています。 
5会計学基礎b 2022年度 本講義は、新入生のために企画された、会計学の初心者向けの入門的なものです。大学でこれから学修することになる専門科目になじみ、高度な専門性を身につけていくうえで、必要な会計学の基礎知識や考え方を学びます。大学では年次を経るにつれ、学問の体系や研究の発展に沿って、様々に分化した専門科目の受講が求められます。会計学についても、簿記から始まり、財務会計、原価計算、管理会計、経営分析、監査、税務会計などの科目に分かれていきます。このような科目を受講する際に、それがどのような内容のものであるかを知り、その科目間の関係をあらかじめ理解しておくことが重要です。会計学は社会に出てから大いに役立つ学問です。本講義が、より専門的な学習へのガイドとなり、将来に向けた良いスタートを切るものとなることを願っています。 
6会計情報論a 2022年度 本授業では、企業の外部の利害関係者に対して行われる財務情報の開示・報告にかかわる会計の領域について、特に制度会計の内容とその基礎となる理論を学習する。情報の開示・報告の手段となる財務諸表は、企業と外部の利害関係者との間の情報の非対称性(information asymmetry)を解消ないしは緩和するための手段でもあり、外部の利害関係者にとって企業を分析・評価するための重要な情報を提供するものである。そして外部の利害関係者が財務情報を理解するためには、一連の企業活動がどのようなルールのもとに写像されているのかを知らなければならない。そこで受講生が、会計情報作成のルール(会計基準)を理解するとともに、財務諸表の内容の意味を理解できるようになることを目的とする。Accountとは、多義語であり、口座という意味のほか、説明するという意味を持つ。本授業では、情報としての会計に重点を置くため、平行ないし前後して財務会計論も履修することにより、理解が深まることが期待される。 
7会計情報論b 2022年度 本授業では、企業の外部の利害関係者に対して行われる財務情報の開示・報告にかかわる会計の領域について、特に制度会計の内容とその基礎となる理論を学習する。情報の開示・報告の手段となる財務諸表は、企業と外部の利害関係者との間の情報の非対称性(information asymmetry)を解消ないしは緩和するための手段でもあり、外部の利害関係者にとって企業を分析・評価するための重要な情報を提供するものである。そして外部の利害関係者が財務情報を理解するためには、一連の企業活動をどのようなルールのもとに写像されているのかを知らなければならない。そこで受講生が、会計情報作成のルール(会計基準)を理解するとともに、財務諸表の内容の意味を理解できるようになることを目的とする。Accountとは、多義語であり、口座という意味のほか、説明するという意味を持つ。本授業では、情報としての会計に重点を置くため、平行ないし前後して財務会計論も履修することにより、理解が深まることが期待される。