駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

小池 孝範 (コイケ タカノリ,KOIKE Takanori)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1教職実践演習(中・高) 2024年度 本演習は、教職課程での学びの総仕上げとして位置づけられる。現代の学校教育が抱える様々な課題に改めて向き合い、その中で自らがなすべきことを見出し、そのために必要な能力等をきちんと身につけるための学びの最終段階が本演習で行われることとなる。そのためには、自身の教職課程での学びを振り返りつつ、それらを自身の中に確実に位置づけ、さらなる深い学びに発展させていかなければならない。具体的には、最新の教育に関する研究動向を踏まえつつ、各テーマに関するグループでの討論、グループ活動、場面指導・ロールプレイ、模擬授業等のことを適切に組み合わせつつ進めていくこととなる。 
2教職実践演習(中・高) 2024年度 本演習は、教職課程での学びの総仕上げとして位置づけられる。現代の学校教育が抱える様々な課題に改めて向き合い、その中で自らがなすべきことを見出し、そのために必要な能力等をきちんと身につけるための学びの最終段階が本演習で行われることとなる。そのためには、自身の教職課程での学びを振り返りつつ、それらを自身の中に確実に位置づけ、さらなる深い学びに発展させていかなければならない。具体的には、最新の教育に関する研究動向を踏まえつつ、各テーマに関するグループでの討論、グループ活動、場面指導・ロールプレイ、模擬授業等のことを適切に組み合わせつつ進めていくこととなる。 
3教育制度・環境論 2024年度 現代の学校教育と社会との関係にかかわる基本的な知識を学ぶ。また、近年の社会変化および子ども・若者の変化を検討し、それらが学校教育に及ぼす影響を考える。さらに、諸外国の教育事情・教育改革・教育政策の動向を踏まえつつ、日本の教育改革・教育政策の動向を学び、学校と地域との連携や学校安全への対応を含む今日の学校教育の諸課題を把握する。あわせて、そうした課題への取り組みに必要な基礎的知識を学ぶ。講義だけでなく、受講者に資料等に関する感想や意見を求めたい。 
4教育哲学 2024年度 教育哲学の学問としての基本的枠組み及び代表的な思想について確認した上で、教育現実を哲学的にとらえることの意味と意義について具体的なテキストに基づいて検討していく。今年度は、西田幾多郎『善の研究』と道元禅師『学道用心集』をテキストとして、教育の目的、あり方について、多面的、多角的に検討していく。 
5教育制度・環境論 2024年度 現代の学校教育と社会との関係にかかわる基本的な知識を学ぶ。また、近年の社会変化および子ども・若者の変化を検討し、それらが学校教育に及ぼす影響を考える。さらに、諸外国の教育事情・教育改革・教育政策の動向を踏まえつつ、日本の教育改革・教育政策の動向を学び、学校と地域との連携や学校安全への対応を含む今日の学校教育の諸課題を把握する。あわせて、そうした課題への取り組みに必要な基礎的知識を学ぶ。講義だけでなく、受講者に資料等に関する感想や意見を求めたい。 
6新入生セミナー 2024年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中で、高い情報活用能力を駆使してテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、研究・学修倫理を遵守したレポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②情報活用能力を高め、研究・学修倫理を理解し、学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
7教育実習A 565202 / 教育実習B 2024年度 中学・高校での教育実習を実り多いものとするために、実習に向けての準備を整える。実習後は、実習報告を行い、実習体験を他の人々と共有し深める。 
8教育基礎論 2024年度 教育理念・思想を中核として、前近代的な人間形成のあり方から近代教育制度の発展に至る人類の教育の歴史的展開の概略を学ぶ。あわせてその過程で、前近代的なあり方と比較しながら近代の教育理念・思想や教育制度の特性について考察し、近代教育の基本概念を押さえる。また、20世紀の著名な二つの教育思想をその歴史的・社会的背景をふまえて検討し、現代社会での教育実践のためにそれらから何が学べるかを考える。講義に加えて、資料等に関する受講者の感想や意見も求めたい。 
9教育基礎論 2024年度 教育理念・思想を中核として、前近代的な人間形成のあり方から近代教育制度の発展に至る人類の教育の歴史的展開の概略を学ぶ。あわせてその過程で、前近代的なあり方と比較しながら近代の教育理念・思想や教育制度の特性について考察し、近代教育の基本概念を押さえる。また、20世紀の著名な二つの教育思想をその歴史的・社会的背景をふまえて検討し、現代社会での教育実践のためにそれらから何が学べるかを考える。講義に加えて、資料等に関する受講者の感想や意見も求めたい。 
10道徳教育の理論と方法 562952 / 道徳教育の研究 2024年度 道徳性の形成という教育上の課題は、現代日本にあってますます重要性を増してきている。その社会的な期待をふまえ、道徳教育の意義と可能性および困難さについて合理的・実践的に考察する。具体的には、学校教育における道徳教育の意義と役割を理解し、実践的な計画を立て得る能力を身につけるとともに、道徳教育の基礎となる思想や歴史的経緯について理解することを目的とする。 
11教育実習指導 2024年度 中学・高校での教育実習では、実習生とはいえ教師であることを求められる。そこで、この授業では、次年度に教育実習を行う学生を対象とし、実習のための準備を行う。 
12教育実習A 565302 / 教育実習B 2024年度 中学・高校での教育実習を実り多いものとするために、実習に向けての準備を整える。実習後は、実習報告を行い、実習体験を他の人々と共有し深める。