駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

坂本 達也 (サカモト タツヤ,SAKAMOTO Tatsuya)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1商法一部b 2021年度 現代社会の企業活動の重要な存在である会社に関する法規制について講義する。この法規制を整備する会社法は、会社はどのような組織構造をとるのか、会社経営に関して、経営者(取締役等)は会社の意思決定や会社の行為についてどのような権限を持つのか、株主にはどのような権利があるのか、株主や債権者の保護との関係で会社経営者には、どのような義務や責任があるのか等に関して具体的な規定を設け、また、判例は、これら具体的な規定の意味や趣旨を理解するうえでも重要となる。この講義では、会社法の各分野(株式、株主総会、取締役・取締役会、組織再編等)について、会社法の規定や判例、ある特定の規定や制度が存在するのかについての理由や趣旨、基本的な考え方等に触れつつ、会社法の概要を講義する。履修者は、授業時に必ず六法を持ってくること。 
2会社法 2021年度 現代社会の企業活動の重要な存在である会社に関する法規制について講義する。この法規制を整備する会社法は、会社はどのような組織構造をとるのか、会社経営に関して、経営者(取締役等)は会社の意思決定や会社の行為についてどのような権限を持つのか、株主にはどのような権利があるのか、株主や債権者の保護との関係で会社経営者には、どのような義務や責任があるのか等に関して具体的な規定を設け、また、判例は、これら具体的な規定の意味や趣旨を理解するうえでも重要となる。この講義では、会社法の各分野(株式、株主総会、取締役・取締役会、組織再編等)について、会社法の規定や判例、ある特定の規定や制度が存在するのかについての理由や趣旨、基本的な考え方等に触れつつ、会社法の概要を講義する。履修者は、授業時に必ず六法を持ってくること。 
3商法一部a 2021年度 現代社会の企業活動の重要な存在である会社に関する法規制について講義する。この法規制を整備する会社法は、会社はどのような組織構造をとるのか、会社経営に関して、経営者(取締役等)は会社の意思決定や会社の行為についてどのような権限を持つのか、株主にはどのような権利があるのか、株主や債権者の保護との関係で会社経営者には、どのような義務や責任があるのか等に関して具体的な規定を設け、また、判例は、これら具体的な規定の意味や趣旨を理解するうえでも重要となる。この講義では、会社法の各分野(株式、株主総会、取締役・取締役会、組織再編等)について、会社法の規定や判例、ある特定の規定や制度が存在するのかについての理由や趣旨、基本的な考え方等に触れつつ、会社法の概要を講義する。履修者は、授業時に必ず六法を持ってくること。 
4会社法 2021年度 現代社会の企業活動の重要な存在である会社に関する法規制について講義する。この法規制を整備する会社法は、会社はどのような組織構造をとるのか、会社経営に関して、経営者(取締役等)は会社の意思決定や会社の行為についてどのような権限を持つのか、株主にはどのような権利があるのか、株主や債権者の保護との関係で会社経営者には、どのような義務や責任があるのか等に関して具体的な規定を設け、また、判例は、これら具体的な規定の意味や趣旨を理解するうえでも重要となる。この講義では、会社法の各分野(株式、株主総会、取締役・取締役会、組織再編等)について、会社法の規定や判例、ある特定の規定や制度が存在するのかについての理由や趣旨、基本的な考え方等に触れつつ、会社法の概要を講義する。履修者は、授業時に必ず六法を持ってくること。 
5基礎演習 2021年度 商法の分野の一部(会社法)の書籍や判例を読むこと、調査することまたは検討すること等を通じて、同分野の基礎について理解する。この基礎演習では、主に次のことを行う予定である。第一に、書籍を読む。第二に、判例を読む。第三に、判例を調査する。第四に、判例を検討する。上記のことを全部するか、または一部するかについては、授業の様子を見て決める。授業内の報告については、報告テーマ、報告担当者、および報告の順番についてあらかじめ決めておき、その順に沿って、報告担当者は報告をする。 
6演習Ⅰ 2021年度 会社法の基礎について、理解を深める。具体的には、取締役の利益相反取引、取締役の任務懈怠責任、取締役の第三者に対する責任、株主代表訴訟制度などに関して、基本的な部分について理解を深める。この演習では、大きく分けて、次の三つのことを行う予定である。また、三つの全部または一部を行うことについても、授業の進み具合で決定する。第一に、会社法の基礎について、会社法の条文および書籍を読む。第二に、会社法の基本的な判例を読む。第三に、課題を提示するので、その課題を調査する。これらのことを通じて、会社法における制度の趣旨や制度の意義について理解を深め、また、会社法の基本的な考え方を学ぶ。