駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

宮田 惟史 (ミヤタ コレフミ,MIYATA Korefumi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1新入生セミナー 2023年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中で、高い情報活用能力を駆使してテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、研究・学修倫理を遵守したレポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②情報活用能力を高め、研究・学修倫理を理解し、学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
2経済学入門b 2023年度 経済学の歴史や理論、現状の基本的な内容を講義する。受講者の関心に応じて、授業スケジュールを一部変更することもありうる。 
3演習Ⅰ 2023年度 現代社会は、「失われた30年」とも呼ばれる長期停滞、非正規労働者の増大や格差拡大、社会保障制度の再検討、地球環境問題等々多くの問題を抱えています。本ゼミナールでは、このような現在の社会が直面している経済諸問題を解明するために、経済学の歴史や基礎理論を学びながら、資本主義経済にたいする理解を深めます。現実に日々生じている具体的な経済現象を理解するためには、現代社会を根本的に規定している理論や歴史の把握がかかせません。こうしたことからも授業は、資本主義経済の歴史・理論と現状との両面に注意を払いながら進めます。なお、授業はゼミの初回で決めたテキストを中心に報告・討論を通じて進めます。また、毎回授業の最初に新聞学習を取り入れ、時事経済の理解も深めます。本演習では、アクティブラーニングが重視され、グループワークによるプレゼンテーション、ディスカッションが中心となります。 
4演習Ⅱ 2023年度 現代社会は、「失われた30年」とも呼ばれる長期停滞、非正規労働者の増大や格差拡大、社会保障制度の再検討、地球環境問題等々多くの問題を抱えています。本ゼミナールでは、このような現在の社会が直面している経済諸問題を解明するために、経済学の歴史や基礎理論を学びながら、資本主義経済にたいする理解を深めます。現実に日々生じている具体的な経済現象を理解するためには、現代社会を根本的に規定している理論や歴史の把握がかかせません。こうしたことからも授業は、資本主義経済の歴史・理論と現状との両面に注意を払いながら進めます。なお、授業はゼミの初回で決めたテキストを中心に報告・討論を通じて進めます。また、毎回授業の最初に新聞学習を取り入れ、時事経済の理解も深めます。本演習では、アクティブラーニングが重視され、グループワークによるプレゼンテーション、ディスカッションが中心となります。 
5演習Ⅲ 112202 / 卒業研究 2023年度 現代社会は、「失われた30年」とも呼ばれる長期停滞、非正規労働者の増大や格差拡大、社会保障制度の再検討、地球環境問題等々多くの問題を抱えています。本ゼミナールでは、このような現在の社会が直面している経済諸問題を解明するために、経済学の歴史や基礎理論を学びながら、資本主義経済にたいする理解を深めます。現実に日々生じている具体的な経済現象を理解するためには、現代社会を根本的に規定している理論や歴史の把握がかかせません。こうしたことからも授業は、資本主義経済の歴史・理論と現状との両面に注意を払いながら進めます。なお、授業はゼミの初回で決めたテキストを中心に報告・討論を通じて進めます。また、毎回授業の最初に新聞学習を取り入れ、時事経済の理解も深めます。本演習では、アクティブラーニングが重視され、グループワークによるプレゼンテーション、ディスカッションが中心となります。 
6経済学史a 2023年度 本講義では、資本主義経済の生成とともに発展してきた経済学の歴史を、重商主義経済学、重農主義経済学、古典派経済学等の学説を中心に、体系的に理解することを目的とする。また、資本主義経済を分析した各々の経済学説の理解を通じ、現代の資本主義社会とはどのような社会システムであるのかを把握するための、基礎学力を育成することを目指す。また本講義では、アクティブラーニングの一環として、反転学習を重視している。「経済学史a」では、主に、経済学の成立過程から重商主義、重農主義、古典派経済学を対象にする。なお、講義は毎回講義ノートを配布し、それに基づき進める。 
7経済学史b 2023年度 本講義では、資本主義経済の生成とともに発展してきた経済学の歴史を、新古典派経済学、ケインズ経済学、マルクス経済学、等の代表的な経済学説を中心に、体系的に理解することを目的とする。また、資本主義経済を分析した経済学説の理解を通じ、現代の資本主義社会とはどのような社会システムであるのかを把握するための、基礎学力を育成することを目指す。本講義では、アクティブラーニングの一環として、反転学習を重視している。 「経済学史b」では、「経済学史a」の内容理解を前提にして、主に、新古典派経済学、マルクス経済学とケインズ経済学、そして現代に至る経済学説の潮流を対象にする。なお、毎回講義内に資料を配布し、講義はそれに基づき進める。