駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

石川 祐二 (イシカワ ユウジ,ISHIKAWA Yuji)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1演習Ⅲ 2021年度 企業においては、会計情報が利用される場合、それによって様々な目的が果たされる。その目的と会計上の手法との関係を探ることで、会計が社会的な諸関係の中でいかなる意味を持つものであるのかを明らかにしたい。そのことによって、社会現象のもつ意味を考えるための視点を養うことに努めたい。また、「卒業研究」の論文作成に取り組むことで、社会現象を分析するための視点を身につけてほしい。 
2演習Ⅱ 2021年度 企業においては、会計情報が様々な目的をもって利用されている。その情報を生み出すための仕組みは、どのような構造をもっているのであろうか。その構造を探り、それが社会の多様な関係の中で果たす役割を研究する。そのことによって、社会現象を分析する視点の獲得を目指す。また、様々な書籍・データを用いてレジュメを作成し、発表するスキルを養うことも目標である。 
3管理会計論a 2021年度 本講義では、伝統的に管理会計研究の領域において取り扱われてきた諸問題について検討を加える。とりわけ、企業業績の測定・管理に関わる範囲を中心として、そのために用いられる会計情報について学ぶことになる。それを通じて、会計情報の経営管理的意味を明らかする。また、理解度の確認のために、小テストを実施する(C-Learningを利用)。 
4管理会計論b 2021年度 本講義においては、意思決定に関わる会計上の問題、および、現代において特に注目されている新たな管理会計研究の領域について取り上げることにする。具体的には、業績評価に関わる新たな手法に検討を加えることや、企業の「経営管理」と「会計」との関係をとらえ直すことが中心的な課題となる。このことを通じて、伝統的な管理会計研究では捕捉しきれなかった会計現象の意味を明らかにしたい。また、理解度の確認のために、小テストを実施する(C-Learningを利用)。 
5演習Ⅰ 2021年度 企業においては、会計情報が様々な目的を持って利用されている。その情報を生み出すための仕組みは、どのような構造をもっているのであろうか。その構造を探り、それが社会の多様な関係の中で果たす役割を研究する。そのことによって、社会現象を分析する視点の獲得を目指す。