駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

堀田 和義 (ホッタ カズヨシ,HOTTA Kazuyoshi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1ジャイナ教聖典選 共訳 国書刊行会 2022年09月  
2“New and Rare Words” Collected by Helen M. Johnson from Hemacandra’s Triṣaṣṭiśalākāpuruṣacaritra 共編者(共編著者) 東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門 2022年  
3角川まんが学習シリーズ 世界の歴史1―人類誕生と古代の王国― 監修 KADOKAWA 2021年02月  
4角川まんが学習シリーズ 世界の歴史3―秦・漢とローマ 古代の大帝国― 監修 KADOKAWA 2021年02月  
5角川まんが学習シリーズ 世界の歴史2―古代社会と思想家たち― 監修 KADOKAWA 2021年02月  
6『インド文化事典』 分担執筆 丸善出版 2018年01月  
7『名著で読む世界史120』 分担執筆 山川出版社 2017年11月  
8『よくわかる宗教学』 分担執筆 ミネルヴァ書房 2015年03月  
9『岩波 世界人名辞典』 分担執筆 岩波書店 2013年12月  
10『知の世界をひろげよう―基礎セルフディベロップメント科目・サブテキスト(平成25年度版)』 分担執筆 2013年04月  
11『仏教聖典(机上版)』 その他 三省堂 2008年06月  
12『雑学3分間ビジュアル図解シリーズ 仏教』 分担執筆 PHP研究所 2005年05月  

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1論理を照らし出す灯火—Nyāyadīpikā和訳(1)— ジャイナ教研究 (29) 57 -88 2023年12月30日 
2『マヤマタ』第13・14章:和訳と註解―インド古典建築論書の構成と内容(8)― 中央学術研究所紀要 (52) 161 -177 2023年11月15日 
3プラークリット語を照らす光―Prākṛtaprakāśa和訳(1)― 仏教文化研究論集 (23) 64 -111 2023年03月20日 
4シャンカラの世界征服―Śaṅkaradigvijaya第3章訳注― 武蔵野大学人間学研究論集 (第12号) 43 -50 2023年03月10日 
5『マヤマタ』第12章(2):和訳と註解―インド古典建築論書の構成と内容(7)― 中央学術研究所紀要 (51) 153 -175 2022年11月15日 
6メールトゥンガの学説誌―Ṣaḍdarśananirṇaya和訳(1)― ジャイナ教研究 (28) 51 -83 2022年09月 
7ジャイナ教の学説誌について―メールトゥンガ著『六哲学の確定』を中心に― ジャイナ教研究 (28) 21 -49 2022年09月 
8死後の世界と死者儀礼―Garuḍapurāṇasāroddhāra和訳(2)― 仏教学セミナー (115) 55 -88 2022年06月30日 
9ジャイナ教在家信者の不殺生戒―不殺生の定義的説明を中心に― 印度学仏教学研究 70 (1) 8 -12 2021年12月 
10性愛をめぐるシヴァとパールヴァティーの対話―Ratiśāstra和訳(1)― 仏教学セミナー (114) 22 -50 2021年12月 
11死後の世界と死者儀礼―Garuḍapurāṇasāroddhāra和訳(1)― 仏教学セミナー (112) 1 -32 2020年12月 
12究極の放擲者―Paramahaṃsa-upaniṣat和訳― 仏教学セミナー (111) 1 -20 2020年06月 
13ゴーサーラ伝ーViyāhapaṇṇatti第15章和訳ー 仏教文化研究論集 (20) 62 -99 2020年03月 
14ヴィクラマ王の冒険―Vikramacarita訳注(2)― 川崎大師教学研究所紀要 (5) 43 -84 2020年03月 
15シャンカラの世界征服―Śaṅkaradigvijaya第2章訳注― 武蔵野大学通信教育部人間学研究論集 (9) 21 -32 2020年03月 
16酔っ払いの戯れ―Mattavilāsa和訳― 仏教学セミナー (110) 1 -32 2019年12月 
17ヴィクラマ王の冒険—Vikramacarita簡略版 訳注(1)— 川崎大師教学研究所紀要 (4) 1 -50 2019年03月 
18宰相チャーナキヤの格言詩―Cāṇakyanītidarpaṇa和訳(2)― 仏教学セミナー (108) 1 -26 2018年12月 
19シャンカラの世界征服―Śaṅkaradigvijaya第1章訳注― 武蔵野大学通信教育部人間学研究論集 29 -40 2018年03月 
20地水火風は生きているか?―「ジャイナ教=アニミズム」説の再検討― 印度学仏教学研究 66 (2) 42 -46 2018年03月 
21宰相チャーナキヤの格言詩―Cāṇakyanītidarpaṇa和訳(1)― 仏教学セミナー (106) 1 -22 2017年12月 
22On Corresponding Sanskrit Words for the Prakrit Term Posaha: With Special Reference to Śrāvakācāra Texts International Journal of Jaina Studies 13 (2) 1 -17 2017年11月 
23<布薩>の実践の目的と効能―シュラーヴァカ・アーチャーラ文献を中心として― 仏教学セミナー (104) 1 -14 2016年12月 
24ジャイナ教在家信者の7つの悪徳 印度学仏教学研究 65 (1) 243 -248 2016年12月 
25Under Which Conditions Is sallekhanā Permitted for Jain Laity? 印度学仏教学研究 64 (3) 219 -227 2016年03月 
26ジャイナ教在家信者の7つの悪徳 印度學佛教學研究 65 (1) 282 -277 2016年 
27内属は成立しうるか?ーBhavasenaのsamavaya批判ー インド哲学仏教学研究 (22) 215 -226 2015年03月16日 
28生き物を殺さないための性的禁欲―ジャイナ教在家信者の行動規範を中心に― 印度学仏教学研究 63 (2) 223 -228 2015年03月 
29ジャイナ教在家信者の<布薩>に対する違反行為 仏教学セミナー (100) 72 -84 2014年12月 
30Vyavahāra Bhāṣya Pīṭhikā Lumbini International Research Institute, Proceedings of Buddhism and Jainism Conference in February 2013 at Lumbini International Research Institute 219 -227 2014年12月 
31Is it possible to prove inherence?―Criticism of samavāya theory by Bhāvasena― ジャイナ教研究 (20) 1 -24 2014年10月 
32Examination of Newly- arrived Monk in Jain Vinaya Texts 印度学仏教学研究 62 (3) 55 -59 2014年03月 
33シュラーヴァカ・アーチャーラ文献における<布薩>の原語をめぐる諸問題 奥田聖應先生頌寿記念 インド学仏教学論集 468 -475 2014年03月 
34Umāsvātiに帰せられる4つのシュラーヴァカ・アーチャーラ文献 印度学仏教学研究 61 (1) 219 -223 2012年12月 
35宗教的生命倫理に基づく食のタブー―禁止された食物と不殺生― 死生学研究\pp.129-194. (16) 172 -194 2011年10月 
36ジャイナ教白衣派聖典における布薩―アンガ聖典を中心として― 仏教文化研究論集 (13・14) 70 -100 2011年03月 
37ジャイナ教における布薩の概念―シュラーヴァカ文献の記述を中心として― 印度学仏教学研究 59 (2) 230 -234 2011年03月 
38ジャイナ教宗派間論争の一断面―一切知者の食事をめぐって― ジャイナ教研究 (16) 41 -62 2010年09月 
39死に至る断食―聖なる儀礼か自殺か?― 死生学研究 (10) 76 -96 2008年09月 
40Jaina’s Criticism of Buddhist Theory ―on stanza 15-19 of Pañcāstikāyasaṃgraha― 印度学仏教学研究 55 (3) 40 -44 2007年03月 
41ジャイナ教における多面主義的実体観の特質 ―Dravyālaṃkāra第2章における部分・全体論を中心として― 印度学仏教学研究 53 (2) 79 -81 2005年03月 

 

MISC
No.MISCタイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1ジャイナ教のマントラ瞑想法 参禅の道 (78) 13 -29 2023年03月 
2仏教が辿らなかった道―双子の宗教・ジャイナ教から見た仏教― 参禅の道 (77) 47 -58 2022年09月 
3はじめてのジャイナ教 仏教文化 (59) 39 -65 2021年03月 
4ジャイナ教と仏教⑩ ジャイナ教はなぜ分裂したのか?―教団分裂とその後の展開― 春秋 (585) 28 -31 2016年12月 
5ジャイナ教と仏教⑨ ジャイナ教ではどのように生活するのか?―誓戒と行動規範― 春秋社 (584) 28 -31 2016年11月 
6ジャイナ教と仏教⑧ ジャイナ教は生命をどのように考えるのか?―生命観と不殺生― 春秋 (583) 28 -31 2016年10月 
7ジャイナ教と仏教⑦ ジャイナ教は行為をどう考えるのか?―業と苦行― 春秋 (582) 28 -31 2016年09月 
8ジャイナ教と仏教⑥ ジャイナ教は自己をどう考えるのか?―霊魂と自我― 春秋 (581) 28 -31 2016年08月 
9ジャイナ教と仏教⑤ ジャイナ教ではなぜ修行するのか?―輪廻と解脱― 春秋 (580) 24 -27 2016年06月 
10ジャイナ教と仏教④ ジャイナ教はどのように伝承されたのか?―聖典の伝承と結集― 春秋 (579) 24 -27 2016年05月 
11ジャイナ教と仏教③ ジャイナ教は誰が受け継いできたのか?―宇宙観と過去の救済者― 春秋 (578) 24 -27 2016年04月 
12ジャイナ教と仏教② ジャイナ教は真理をどう語るのか?―悟りと一切知― 春秋 (577) 18 -21 2016年03月 
13ジャイナ教と仏教① ジャイナ教はどうやって生まれたのか?―開祖マハーヴィーラの生涯― 春秋 (576) 20 -23 2016年02月 
14電気は生き物か?―ジャイナ教出家修行者と電化製品― 春秋 (567) 12 -15 2015年04月 
15インドの結婚事情 響流 (2) 87 -91 2015年03月 
16Report on Conferences in Japan, 2013 Jaina Studies (9) 20 -21 2014年03月 
17再考仏教伝来28 旅する僧たち 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 28 31 2007年12月 
18再考仏教伝来14 ダライ・ラマの誕生 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 14 31 2007年09月 
19再考仏教伝来13 チベット仏教の形成 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 13 31 2007年09月 
20再考仏教伝来12 玄奘三蔵の旅 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 12 31 2007年09月 
21再考仏教伝来11 シルクロードの仏教 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 11 31 2007年09月 
22再考仏教伝来10 ガンダーラ仏教の隆盛 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 10 31 2007年08月 
23再考仏教伝来9 インド仏教の滅亡と再興 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 31 2007年08月 
24再考仏教伝来3 原始仏典を読む 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 33 2007年07月 
25再考仏教伝来4 原始仏教の様相 週刊朝日ビジュアルシリーズ『仏教新発見』 33 2007年07月 
26再考仏教伝来2 原始仏典とは何か 週刊朝日ビジュアルシリーズ 仏教新発見 33 2007年07月 
27砂漠の中心で不殺生を叫ぶ聖者たち―ラードゥヌーン見聞録― 仏教文化 (46) 81 -110 2007年03月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日会議種別
1哲学から見た自己の肯定 Psychiatry Forum in Mitaka 2023年03月28日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
2ジャイナ教徒におけるしあわせのカタチ 「仏教・しあわせ」共同研究会ミニシンポジウム:大乗仏典・ジャイナ教・ブータン仏教からみる「しあわせ」 2023年02月17日 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 
3ジャイナ教の教えとその歴史 大正大学綜合仏教研究所公開講座 2023年01月19日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
4ジャイナ教と在家者戒 日本印度学仏教学会第73回学術大会 2022年09月04日 シンポジウム・ワークショップ パネル(公募) 
5仏教が辿らなかった道―双子の宗教ジャイナ教の思想― 弘法大師空海ご誕生1250年記念仏教講演会「仏教とその源流―祈りと儀礼―」第5回 2021年11月28日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
6ジャイナ教の哲学誌について―メールトゥンガ著『六哲学の確定』を中心に― 第36回ジャイナ教研究会 2021年10月16日 口頭発表(一般) 
7ジャイナ教在家信者の不殺生戒―不殺生の定義的説明を中心に― 日本印度学仏教学会第72回学術大会 2021年09月04日 口頭発表(一般) 
8マインドフルネスの源流―インド哲学の立場から― Psychiatry Forum in Mitaka 2021年04月20日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
9ジャイナ教の非暴力思想 連続公開講演会「非暴力、戦争、宗教的なるもの」 2019年07月29日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
10はじめてのジャイナ教 東京大学仏教青年会 第306回公開講座 2019年02月07日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
11地水火風は生きているか?―「ジャイナ教=アニミズム」説の再検討 日本印度学仏教学会第68回学術大会 2017年09月 口頭発表(一般) 
12On Corresponding Sanskrit Words of Prakrit Posaha: With Special Reference to Śrāvakācāra Texts and Buddhist Texts 19th Jaina Studies Workshop, Jainism and Buddhism 2017年03月 口頭発表(一般) 
13在家信者の7つの悪癖 日本印度学仏教学会第67回学術大会 2016年09月 口頭発表(一般) 
14在家信者と断食死―いかなる場合に実践が認められるのか?― 日本印度学仏教学会第66回学術大会 2015年09月 口頭発表(一般) 
15不殺生と不邪淫―ジャイナ教在家信者の誓戒を中心として― 日本印度学仏教学会第65回学術大会 2014年08月 口頭発表(一般) 
16内属関係は成立しうるか?―Bhāvasenaによるsamavāyaの考察― 第28回ジャイナ教研究会 2013年10月 口頭発表(一般) 
17ジャイナ教律文献における客来比丘の吟味 日本印度学仏教学会第64回学術大会 2013年08月 口頭発表(一般) 
18Umāsvātiに帰せられる4つのシュラーヴァカ・アーチャーラ文献 日本印度学仏教学会第63回学術大会 2012年06月 口頭発表(一般) 
19ジャイナ教における布薩の概念―シュラーヴァカ文献の記述を中心として― 日本印度学仏教学会第61回学術大会 2010年09月 口頭発表(一般) 
20ジャイナ教宗派間論争の一断面―一切知者の食事をめぐって― 第24回ジャイナ教研究会 2009年09月 口頭発表(一般) 
21Fasting unto Death: Holy ritual or suicide? The 3rd BESETO Conference of Philosopy 2009年01月 口頭発表(一般) 
22On Jainism and its philosophy World Congress of Philosophy 2008年07月 口頭発表(一般) 
23sallekhanāとその問題点 2008韓国仏教学結集大会 2008年05月 口頭発表(一般) 
24現代ジャイナ教の僧団と出家修行者―テーラーパンタ派ラードゥヌーン・グループを中心として― 日本南アジア学会第19回全国大会 2006年10月 口頭発表(一般) 
25ジャイナ教の仏教批判―Pañcāstikāyasaṃgraha第15~19偈を中心として― 日本印度学仏教学会第57回学術大会 2006年09月 口頭発表(一般) 
26現代のジャイナ教僧団と出家修行者の生活―ラードゥヌーンにおけるフィールドワークを中心として― 2006韓国仏教学結集大会 2006年04月 口頭発表(一般) 
27ジャイナ教における多面主義的実体観の特質―Dravyālaṃkāra第2章における部分・全体論を中心として― 日本印度学仏教学会第55回学術大会 2004年07月 口頭発表(一般) 

 

受賞
No.賞名授与機関(対象業績)タイトル受賞年月
1日本印度学仏教学会賞 日本印度学仏教学会 2017年09月 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.課題名等提供機関制度名資金種別研究期間担当区分
1ジャイナ教在家信者の不殺生戒に関する総合的研究 日本学術振興会 若手研究 競争的資金  2019年04月 - 2023年03月 研究代表者 
2『スターナーンガ経』を中心とするジャイナ教戒律文献の総合的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業  2016年04月 - 2019年03月 
3ジャイナ教の死生観に関する基礎的研究―断食死儀礼の規定を中心にして 日本学術振興会 若手研究(B) 競争的資金  2016年04月 - 2019年03月 研究代表者 
4『ヴィヤヴァハーラ経』を中心とするジャイナ教出家者戒律の総合的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業  2012年04月 - 2015年03月