駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

岩城 達也 (イワキ タツヤ,IWAKI Tatsuya)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1脳波計測・解析の実用ハンドブック 共著 (株)R&D支援センター 2024年05月31日 9784905507727
2快眠研究と製品開発、社会実装 監修 (株)エヌ・ティー・エス 2022年06月 9784860437848
3生体情報センシングと人の状態推定への応用 分担執筆 技術情報協会 2020年07月  
4生体情報計測による感情の可視化技術 分担執筆 技術情報協会 2020年04月 9784861047831
5第6章『感情状態と脳波』石井克典(監修)「IoHを指向する感情・思考センシング技術」 分担執筆 2019年08月 9784781314303
6第14章『就寝前の活動と睡眠環境』 pp. 195-209, 堀忠雄(編著)「睡眠心理学」 北大路書房 2008年  
7Event-related potentials elicited by musical rhythm pattern. International Congress Series, 1278, 19-22. S. Tsuji, R. Kakigi, S. Tobimatsu, T. Uozumi & N. Akamatsu (Eds.)Unveiling the Mystery of the Brain: Neurophysiological Investigation of the Brain ・・・ Elsevier 2004年  
8第10章『脳と行動』(2, 3節; pp. 170-175), 生和秀敏(編)「心の科学」 北大路書房 2003年  

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1選択行動からみた素朴概念としてのピーク・エンドの法則—Peak-End Law as a naive theory from the viewpoint of choice behavior 駒澤大学心理学論集 : KARP 26 21 -25 2024年03月 
2チョコレートの喫食行動がもたらすチア・アップとリラックスの二相性作用の評価 日本感性工学会論文誌 21 (4) 387 -395 2022年12月 
3入眠期の精神生理学の重要性と脳波段階 生理心理学と精神生理学 39 (1) 4 -18 2021年04月30日 
4Comparison Between Facilitating and Suppressing Facial Emotional Expressions Using Frontal EEG Asymmetry Frontiers in Behavioral Neuroscience 14 2020年10月09日 
5脳波マイクロステート分析を用いたラバーハンド錯覚に起因した身体的違和感についての探索的研究 駒澤大学心理学論集 : KARP (22) 21 -26 2020年03月 
6感情画像刺激提示下の脳波アルファ帯域実効電圧のスケーリング係数の応答 電子情報通信学会論文誌 D J102-D (5) 399 -410 2019年05月 
7Development of an algorithm for monitoring eye movement using wireless EEG headset Recent Studies in Economic Sciences Information Systems, Project Managements, Economics, OR and Math 19 -27 2018年03月 
8Emotional Arousal by Feedback for Selfies: A Pilot Study 電気学会論文誌 C 138 (7) 805‐811(J‐STAGE) -811 2018年 
9Fictionality is Associated with Positive Emotions towards Negative Films International Journal of Affective Engineering (Web) 16 (1) 37‐41(J‐STAGE) -41 2017年 
10入眠時心像を用いた入眠過程における感情効果に関する心理生理学的研究 日本感性工学会論文誌 17 (2) 227 -232 2017年 
11幼児図式誇張によるかわいいデフォルメ似顔絵画像生成の一手法 広島国際大学心理科学部紀要 = The bulletin of Faculty of Psychological Science, Hiroshima International University 2 (1) 29 -37 2015年03月 
12匂い刺激提示に伴う快不快評価に関連した前頭部脳波活動の探索 (特集 香りの生体への影響 : ヒトに対する反応) Aroma research = アロマリサーチ : journal of aroma science technology and safety 15 (3) 226 -231 2014年 
13直感的インタフェースデザインの設計論の基礎的考察:-体制化と親近性の視点からのアプローチ- 日本感性工学会論文誌 13 (5) 543 -554 2014年 
14幼児図式における眼の特徴表現と可愛らしさ知覚 広島国際大学心理科学部紀要 = The bulletin of Faculty of Psychological Science, Hiroshima International University 15 -24 2013年 
15芸術である音楽を科学しようとする試み : 精神生理学的アプローチの有用性と新たな脳波解析システムの必要性 琉球大学教育学部紀要 81 183 -197 2012年06月 
16Application of the Emotional S1-S2 Paradigm for Evaluating Kansei Information using Brain Potentials Kansei Engineering International Journal 11 (4) 217 -223 2012年 
17Emergence of form and function in a visual image combination Psychologia 52 (1) 50 -66 2009年03月 
18Effects of airflow on body temperatures and sleep stages in a warm humid climate International Journal of Biometeorology 52 (4) 261 -270 2008年03月 
19贈り物に付与された価値とモノへの愛着:—贈り主による認知の分析— 感情心理学研究 16 (1) 73 -86 2008年 
20混合臭の印象における快不快および可食性の影響 Aroma Research 8 (2) 158 -163 2007年 
21匂いの感じ方に及ぼす食欲状態の影響 : 脳波α 波による検討 日本味と匂学会誌 = The Japanese journal of taste and smell research 13 (2) 181 -188 2006年08月 
22モノへの愛着の分析 対人関係とのアナロジによる測定:対人関係とのアナロジによる測定 感性工学研究論文集 6 (2) 33 -38 2006年 
23Effects of partial humid heat exposure during different segments of sleep on human sleep stages and body temperature PHYSIOLOGY & BEHAVIOR 83 (5) 759 -765 2005年01月 
24視覚画像の提示時間と感性評価 感性工学研究論文集 5 (4) 7 -10 2005年 
25The effects of preferred familiar music on falling asleep Journal of Music Therapy 40 (1) 15 -26 2003年 
26Rapid extraction of emotional expression: evidence from evoked potential fields during brief presentation of face stimuli NEUROPSYCHOLOGIA 41 (7) 808 -817 2003年 
27The study of early emotion processing in the frontal area using a two-dipole source model JAPANESE PSYCHOLOGICAL RESEARCH 42 (1) 54 -68 2000年03月 
28就寝時の音楽利用に関する探索的調査 日本バイオミュージック学会誌 = The journal of Japan Biomusic Association 17 (2) 200 -209 1999年 
29An exploratory study of effects of smoking on mental rotation and mental paper-folding task Perceptual and Motor Skills 87 (3) 1171 -1182 1998年12月 
30音楽の反復聴取が覚醒水準に及ぼす影響 音楽知覚認知研究 4 (1) 1 -9 1998年06月 
31文章イメージ想起に及ぼす喫煙の促進効果と抑制効果. 喫煙科学財団研究年報 689 -694 1998年 
32音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的研究 広島大学総合科学部紀要. IV, 理系編 23 187 -190 1997年12月 
33Changes in alpha band EEG activity in the frontal area after stimulation with music of different affective content PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS 84 (2) 515 -526 1997年04月 
34青年期中・後期における睡眠生活習慣と睡眠実験における被験者の選定基準について 広島大学総合科学部紀要 4 理系編 23 (23) 75 -85 1997年 
35音楽呈示がビジランス課題成績に及ぼす促進効果 -音楽を用いた教育環境の整備に向けた基礎的研究- 広島大学総合科学部紀要IV理系編 23 (23) 51 -64 1997年 
36Effects of repetitive exposure of music on subjective and physiological responses. The Journal of Music Therapy 33 (33) 219 -230 1996年10月 
37Effects of smoking on EEG alpha asymmetry during production of random sequences of numbers PERCEPTUAL AND MOTOR SKILLS 82 (3) 827 -834 1996年06月 
38感情評価の異なる楽曲が脳波に及ぼす覚醒調整効果の検討 脳波と筋電図 24 (1) 30 -37 1996年02月 
39音楽が覚醒水準に及ぼす影響 脳波と筋電図 23 (23) 10 -16 1995年01月 
40音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的検討 Memoirs of the Faculty of Integrated Arts and Sciences, Hiroshima University. IV, Science reports : studies of fundamental and environmental sciences 20 (20) 197 -205 1994年12月28日 
41音楽の反復聴取が音楽に対する印象と情動反応に及ぼす影響 広島大学総合科学部紀要 4 理系編 20 (20) p207 -218 1994年 
42音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的検討 広島大学総合科学部紀要Ⅳ 20 (20) 197 -206 1994年 

 

MISC
No.MISCタイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1脳波解析によるフィクション性のプロテクティブ・フレームとしての効果に関する考察 (制御研究会 制御と信号処理の境界・融合領域,および制御・信号処理一般) 電気学会研究会資料. CT 2019 (104) 13 -16 2019年07月19日 
2Verification of the generality in the process of "encouragement" INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 51 201 -201 2016年07月 
3Effects of the protective frame on negative affect INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY 51 545 -545 2016年07月 
4D-5-13 「勇気づけ」のプロセスの定量的分析の試み(D-5.言語理解とコミュニケーション,一般セッション) 電子情報通信学会総合大会講演論文集 2016 (1) 52 -52 2016年03月01日 
52H3-1 大浴室用フロア洗浄ブラシの操作性改良 人間工学 52 S458 -S459 2016年 
6Development of human computer interface based on eye movement using Emotiv EEG headset INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY 94 (2) 188 -188 2014年11月 
7Psychophysiological index contributing to kansei engineering method INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY 94 (2) 127 -128 2014年11月 
8喚起感情の心理生理学的計測と評価 (特集 感性計測評価) 感性工学 11 (1) 10 -14 2012年04月 
9EEG activity over frontal regions during positive and negative emotional experience 2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CME 2012 Proceedings 418 -422 2012年 
10名前の呼びかけに対する自動的処理 日本認知心理学会発表論文集 2012 72 -72 2012年 
11Early ERP responses to own names while gaming 2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CME 2012 Proceedings 647 -651 2012年 
12Real-time analysis with an EEG autoanalysis system based on the Fujimori method 2012 ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CME 2012 Proceedings 506 -510 2012年 
13Application of the emotional S1-S2 paradigm for evaluating kansei information using brain potentials Proceedings - 2011 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering, ICBAKE 2011 11 (4) 155 -160 2011年 
14FLVQを用いた脳波による匂いの分類法 電子情報通信学会技術研究報告. SIP, 信号処理 : IEICE technical report 109 (435) 13 -16 2010年02月22日 
152-4 Effects of Airflow on Thermoregulation and Sleep Stages in a Warm Humid Climate(Proceedings of the 57th Meeting of Japan Society of Physiological Anthropology) : Journal of physiological anthropology 27 (2) 112 -113 2008年 
16The Time Needed to Make Decision for Musical Preference and EEG. Proceedings CD-ROM of the 10th International Conference on Music Perception and Cognition. 521 -525 2008年 
17A Time-change in Pleasantness-Unpleasantness Intensity Caused by the Affective Pictures Proceedings CD-ROM (L-17)of International Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 2007年 
18暑熱暴露時における気流が睡眠中の体温と睡眠に及ぼす影響 人間-生活環境系シンポジウム報告集 2005 (Web) 2005年 
19産・学における心理生理学の基礎と応用,理論と実践 音楽の心理生理学からみた場合 生理心理学と精神生理学 21 (2) 69 -70 2003年08月31日 
207-10 高温高湿環境下における睡眠時の体温調節に関する研究(セッション7) 人間-生活環境系シンポジウム報告集 25 183 -186 2001年12月07日 
21Interference effects of background music on working memory task and P300 INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOPHYSIOLOGY 30 (1-2) 142 -142 1998年09月 
22音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的研究 情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS) 1996 (53) 55 -60 1996年05月25日 
23高齢者の生体リズム異常とライフスタイルに関する研究 意欲的な老人の睡眠生活習慣調査 (厚生省S) 長寿科学総合研究 1995(3) 265 -269 1996年03月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日会議種別
1ヨーグルトがもたらす「爽やかさ」な気分についての探索的研究 第18回日本感性工学会春季大会 2023年03月06日 
2選択行動からみた素朴概念としてのピーク・エンドの法則 0回日本生理心理学会大会・日本感情心理学会第30回大会 合同大会2022 2022年05月28日 
3デジタルファブリケーションを用いた装飾用義指の製作手法に関する研究 日本義肢装具学会誌 2021年09月 
4外界への態度と生理応答との関係について-日本語版PANASを利用した外界指向群・非指向群の群分け 第22回日本感性工学会大会 2020年09月11日 
5脳波解析によるフィクション性のプロテクティブ・フレームとしての効果に関する考察 (制御研究会 制御と信号処理の境界・融合領域,および制御・信号処理一般) 電気学会研究会資料. CT 2019年07月19日 
6自己身体の視覚的違和感の知覚メカニズムに関する研究 日本義肢装具学会誌 2018年09月28日 
7機械学習を用いた主観的印象評価されたセルフィーに基づくセルフィー分類モデルの推定及び性能評価 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2018年 
8性格特性に基づく動機づけメッセージング方法の検討 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2018年 
9主観的感情に応じた表情制御と前頭部脳波活動の関係 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2018年 
10被験者群の心理状態に適応したメッセージングによる勇気づけの効果 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2018年 
11主観的感情に応じた表情制御と脳波活動の関係 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2018年 
12セルフィーを用いた自己顔フィードバックによる感情喚起の試み 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2017年09月06日 
13時間領域における睡眠紡錘波の自動抽出精度向上 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2017年09月06日 
14就床前の快・不快感情とマイクロステイト分析を用いた入眠期脳波マップ特性 入眠時心像体験時のマップ特性も交えて 日本睡眠学会定期学術集会プログラム・抄録集 2017年06月 
15ラバーハンド錯覚中の脳波活動に関する予備的研究 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
16不快感情に対するプロテクティブ・フレームに関連した脳波活動の探索 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
17自己充実指向を打開する「勇気づけ」メソッドの開発 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
18発話者の性別および発話表現の異なる音声メッセージによる「勇気づけ」の効果 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
19「勇気づけ」メッセージが達成困難な課題の遂行に及ぼす影響評価 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
20セルフィーの印象評価における因子分析と感情喚起の試み 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2017年 
21藤森法を用いた睡眠紡錘波の自動抽出法 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM) 2016年08月31日 
22ネガティブ感情に及ぼすプロテクティブ・フレームの効果 生理心理学と精神生理学 2016年08月30日 
23就床前のスマートフォンの使用・照度調整が睡眠,目覚め,規則性に与える効果 生理心理学と精神生理学 2016年08月30日 
24就床前のスマートフォンの使用・照度調整が睡眠、目覚め、規則性に与える効果 生理心理学と精神生理学 2016年08月 
25大浴室用フロア洗浄ブラシの操作性改良 人間工学 2016年06月25日 
26「勇気づけ」のプロセスの定量的分析の試み 電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 2016年03月01日 
27就床前の感情映像刺激が入眠時心像に与える影響 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2016年 
28フィクション性の相違に伴うプロテクティブ・フレームがもたらす不快感情の変化 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2016年 
29脳波α帯域実効電圧スケーリング係数によるチョコレートの賦活効果の評価 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2016年 
30前頭部脳波のα帯域実効電圧スケーリング係数による安静開閉眼時の異なる脳活動様式の評価 臨床神経生理学 2015年10月01日 
31快・不快映像刺激が入眠時心像に与える影響 日本睡眠環境学会学術大会抄録集 2015年09月11日 
32感情喚起画像に伴う前頭部脳波α帯域振幅のスケーリング係数の変化 生理心理学と精神生理学 2015年08月30日 
33直感的なインタフェースデザインのガイドライン化 日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM) 2015年05月29日 
34直感的なインタフェースデザインの10原則の提案 日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM) 2015年05月29日 
35幼児図式誇張によるかわいいデフォルメ似顔絵画像生成の一手法 広島国際大学心理科学部紀要(Web) 2015年03月01日 
36Emotivを用いた視線入力装置の開発 2 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2015年 
37感情画像に対する脳波α帯域実効電圧のスケーリング係数の変化に関する予備的研究 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2015年 
38直感的なインタフェースデザインの原則 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2015年 
39匂い刺激に伴う快不快感情とマイクロステイト分析による脳波活動の関係 生理心理学と精神生理学 2014年08月31日 
40直感的インタフェースデザインの設計論の基本的枠組み 体制化と親近性の視点からのアプローチ 日本デザイン学会研究発表大会概要集(CD-ROM) 2014年06月20日 
41異なる2刺激の統合処理にみられる創発 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2014年 
42脳波α帯域の実効電圧を用いた脳活動評価法―新しい感情推定法の提案― 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2014年 
43Emotivを用いた視線入力装置の開発 1 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2014年 
44匂い刺激に伴う感情の時間変化と脳波活動 臨床神経生理学 2013年10月01日 
45匂い刺激提示に伴う快不快評価に関連した前頭部脳波活動の探索 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2013年 
46幼児図式誇張によるかわいいデフォルメ似顔絵画像生成の一手法 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2013年 
47ユーザーインターフェースにおける直感についての基礎的研究 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2013年 
48大学生の自閉や抑うつ傾向と泣き笑い判断過程 呈示時間を操作した音声と信号検出分析を用いた検討 日本心理学会大会発表論文集 2012年08月 
49名前の呼びかけに対する自動的処理―自己名と感情の効果― 日本認知心理学会大会発表論文集 2012年06月01日 
50泣き笑い判断課題による感情認識過程の個人差の検討 日本感性工学会春季大会予稿集(CD-ROM) 2012年 
51感情喚起画像の提示時間の違いによる快不快感情の時間変化 生理心理学と精神生理学 2011年08月31日 
52快不快感情に伴う前頭部脳波活動の変化 日本心理学会大会発表論文集 2011年08月 
53感情S1‐S2パラダイムに伴う事象関連電位を用いた感性計測手法の開発 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2011年 
54匂い刺激に伴う快不快感情の時間変化 生理心理学と精神生理学 2010年08月31日 
55快不快感情に伴う前頭部脳波活動の変化 日本心理学会大会発表論文集 2010年08月 
56快不快感情に対応した前頭部脳波活動の探索 認知神経科学 2010年07月 
57心理生理学的アプローチによる感情の時空間特性の理解 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2010年 
58感情喚起画像の時系列提示に伴う感情変化に関する検討 生理心理学と精神生理学 2009年08月31日 
59事象関連電位を用いた可愛らしさと現実感評価の試み 生理心理学と精神生理学 2009年08月31日 
60匂い刺激提示に伴う快不快評価の時間変化 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2009年 
61不快感情変化についての心理生理学的検討 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2009年 
62音楽の好悪判断に必要な時間と脳波活動 生理心理学と精神生理学 2008年08月31日 
63感情喚起画像に伴う快‐不快強度の時系列変化 感情心理学研究 2008年03月25日 
64感情喚起画像の提示順序に伴う感情変化に関する検討 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2008年 
65感性に対する心理生理学的アプローチ~感情の時空間特性の解明 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM) 2008年 
66自己組織化マップを用いたイメージの可視化探索 日本感性工学会大会予稿集 2005年09月08日 
67音楽のリズムパタンに伴う事象関連電位(2) 生理心理学と精神生理学 2005年08月31日 
68視覚物体の提示時間と感性評価 日本感性工学会大会予稿集 2004年09月09日 
69幼児の顔特徴と可愛らしさに関する探索的研究(2) 日本感性工学会大会予稿集 2004年09月09日 
70幼児の顔特徴と可愛らしさに関する探索的研究 日本感性工学会大会予稿集 2003年10月12日 
71音楽のリズムパタンに伴う事象関連電位 生理心理学と精神生理学 2003年08月31日 
72音楽リズムがもたらす身体運動の促進効果 (2) 日本心理学会大会発表論文集 2003年08月 
73音楽リズムがもたらす身体運動の促進効果 (1) 日本心理学会大会発表論文集 2003年08月 
74生活空間における緊張覚醒に関する探索的研究 日本心理学会大会発表論文集 2002年08月 
75高温高湿環境下における睡眠時の体温調節に関する研究 人間-生活環境系シンポジウム報告集 2001年12月07日 
76スピーカ特性と音楽聴取時の幼稚園児の快適感 日本感性工学会大会予稿集 2000年09月14日 
77背景音楽呈示に伴う皮膚コンダクガンス水準の変化 生理心理学と精神生理学 2000年08月31日 
78音楽が入眠に及ぼす促進的・抑制的効果 日本心理学会大会発表論文集 2000年 
79背景音楽の有意味性が課題成績に及ぼす妨害的効果 日本感性工学会大会予稿集 1999年11月20日 
80音楽の覚醒調整効果に関する精神生理学的研究 情報処理学会研究報告 1996年05月25日 
81視覚探索における注意と事象関連電位 (2) 単独で呈示される結合特徴の検討 中国四国心理学会論文集 1994年12月 
82きゅう覚刺激による心拍変動と随伴性陰性変動との関連性 味と匂のシンポジウム論文集 1990年11月 

 

受賞
No.賞名授与機関(対象業績)タイトル受賞年月
1Excellent Paper Award The international Conference on Kansei Engineering and Emotion Research 2007 A Time-change in Pleasantness- Unpleasantness Intensity Casued by the Affective Pictures 2007年10月 
22006年日本感性工学会賞 大会優秀発表賞 日本感性工学会 2007年08月 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.課題名等提供機関制度名資金種別研究期間担当区分
1身体的違和感の心理生理学的メカニズムの探索 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)  2018年04月 - 2021年03月 
2自己充実指向を打開する「勇気づけ」の工学的モデリングと実証 日本学術振興会 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 競争的資金  2015年04月 - 2018年03月 研究分担者 
3不快刺激がもたらす快感情に関する心理生理学研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)  2014年04月 - 2017年03月 
4西欧教会ならびにオペラ劇場の動学的音場解析と評価・再現 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(B)  2014年04月 - 2017年03月 研究分担者 
5就床時のぐずりに着目した子どもの感情安定化方略の研究 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(C) 競争的資金  2014年04月 - 2017年03月 研究分担者 
6眼球運動と脳波情報を用いた直感的入力インターフェースの開発 広島国際大学 広島国際大学 特別研究助成  2013年 研究代表者 
7生体信号を用いた喫食時気分計測法の開発 株)明治 共同研究 競争的資金  2013年 - 2015年 研究代表者 
8直感的インタフェースデザインとその評価 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)  2012年04月 - 2015年03月 連携研究者 
9主観的感情強度の時間変化に関する研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)  2009年 - 2011年 
10こころを癒す庭園設計の感性工学的研究 日本学術振興会 科学研究費助成事業 基盤研究(C)  2005年 - 2006年 研究分担者 
11モノとヒトの間に介在する感性情報の伝達図式の解明-モノに対する心理距離をイメージ処理から探る- 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(A) 競争的資金  2003年04月 - 2007年03月 研究分担者 
12音楽リズムがもたらす半自動的運動を用いたリハビリテーション技法の開発 中山隼雄科学技術文化財団中山隼雄科学技術文化財団研究助成 中山隼雄科学技術文化財団研究助成 競争的資金  2002年04月 - 2004年03月 研究代表者 
13可愛らしさに関わる感性情報処理の評価-刺激認知と欲求発現を脳機能から探る- 日本学術振興会 科学研究費助成事業 若手研究(B)  2002年 - 2004年 
14高齢者の心身の健康、脳機能に関わる睡眠改善の為の生活指導介入と現場での評価技法の確立に関する研究 厚生労働省 平成13年度健康づくり等調査研究委託事業  2001年 研究分担者 
15音楽の覚醒調整効果がビジランス課題に及ぼす影響 日本学術振興会 科学研究費補助金 特別研究員研究奨励費 競争的資金  1997年04月 - 2000年03月 研究代表者 

 

Works(作品等)
No.作品名作品分類発表年月
1書籍紹介:脳とクオリア : なぜ脳に心が生まれるのか(茂木 健一郎著) その他  2022年01月 - 現在