駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

三宅 雄彦 (ミヤケ ユウヒコ,MIYAKE Yuuhiko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1ガイドブックドイツの憲法判例 学術書 共編者(共編著者) 信山社 2021年03月 9784797233421
2Innenansichten des deutschen und ostasiatischen Rechts 学術書 共著 Mohr Siebeck 2021年02月  
3総点検日本国憲法の70年 岩波書店 2018年03月 9784000612449
4憲法学の創造的展開 下巻 (戸波江二先生古稀記念) 学術書 共編者(共編著者) 信山社 2017年12月 4797280735
5憲法学の創造的展開 上巻 (戸波江二先生古稀記念) 学術書 共編者(共編著者) 信山社 2017年12月 4797280727
6憲法の発展Iー憲法の解釈・変遷・改正(日独憲法対話2015) 学術書 分担執筆 信山社 2017年09月 4797298987
7Verfassungsentwicklung: Auslegung, Wandlung und Änderung der Verfassung. 1. Deutsch-Japanisches Verfassungsgespräch 2015 学術書 共著 Mohr Siebeck 2017年09月 3161555198
8憲法の規範力と行政 (講座 憲法の規範力【第5巻】) 学術書 共著 信山社 2017年03月 4797212357
9規範力の観念と条件 (講座 憲法の規範力 【第1巻】) 学術書 共編者(共編著者) 信山社 2013年08月 4797212314
10法律時報別冊 「憲法改正論」を論ずる 2013年 09月号 [雑誌] 一般書・啓蒙書 共著 日本評論社 2013年08月  
11保障国家論と憲法学(現代憲法研究Ⅲ) 学術書 単著 尚学社 2013年03月 4860311035
12憲法の優位 (慶應義塾大学法学研究会叢書) 学術書 共訳 慶應義塾大学出版会 2012年11月 4766419979
13憲法学の倫理的転回(学術選書49) 学術書 単著 信山社 2011年02月 9784797254495
14企業の憲法的基礎 (早稲田大学21世紀COE叢書―企業社会の変容と法創造) 学術書 共著 日本評論社 2010年07月 4535002223
15基本科目法学 教科書・概説・概論 共著 埼玉大学生活協同組合 2008年04月  
16憲法のレシピ 教科書・概説・概論 共著 尚学社 2007年04月 4860310446
17現代立憲主義の認識と実践—浦田賢治先生古稀記念論文集 学術書 共著 日本評論社 2005年11月 4535513597
18社会環境設計論への招待 教科書・概説・概論 共著 八千代出版 2005年05月 4842913681
19ルドルフ・スメント憲法学説の再構成:政治的体験の概念と精神科学的方法の視座から(博士論文) 単著 早稲田大学 2005年03月  
20都市復興の法と財政 学術書 共著 勁草書房 1997年10月 9784326401895
21憲法規範の構造と憲法解釈の方法:H.-J.Kochの分析的理由づけ理論について(修士論文) 単著 早稲田大学 1995年03月  

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1請求権と法関係の基本権体系:J・シャップ私権論とW・ヘンケ公権論 駒澤法学 21 (4) 2022年03月 
2官吏免職の裁判官留保と基本法33条5項 自治研究 98 (2) 2022年02月 
3婚姻概念における憲法変遷と制度保障:ドイツ「万人の為の婚姻」法をめぐって 駒澤法学 21 (3) 43 -86 2022年02月 
4エルフェス・リュート・レーバー :初期ドイツ連邦憲法裁判所の基本権理論の構築 駒澤法学 21 (2) 113 -161 2021年12月 
5ヘンニス政治学における憲法と憲法現実 :ドイツ憲法思考批判と規範的政治=憲法理論 駒澤法学 21 (1) 33 -58 2021年09月 
6世論調査と憲法理論: W・ヘンニスの現代政治学批判 社会科学論集 (164) 33 -50 2021年07月 
7日曜祝日は働くべからず 法学教室 (489) 4 -7 2021年05月 
8Innenansicht des japanischen Verfassungsrechts : Japanische Verfassungsrechtslehre als „French Approach“? Innenansichten des deutschen und ostasiatischen Rechts 61 -84 2021年02月 
9ドイツ基本権教義学と帰属概念:侵害概念拡張の制限又は基本権体系の再構成 駒澤法学 20 (3) 85 -129 2021年01月 
10コンコルダート判決における国際関係と連邦秩序 :1957年3月26日ドイツ連邦憲法裁判所第2法廷判決 駒澤法学 20 (4) 113 -144 2021年01月 
11ユーロ危機とドイツ連邦憲法裁判所 駒澤法学 19 (4) 25 -68 2020年03月 
12古稀論集と学派対立:1959年シュミット包囲網とスメント 駒澤法学 19 (2) 1 -42 2019年12月 
13正当な補償——農地改革事件 憲法判例百選Ⅰ[第7版] 216 -217 2019年11月 
14職業官僚制における地位と実体:官吏ストライキ禁止をめぐるドイツ基本法33条5項と欧州人権条約11条の衝突 駒澤法学 19 (1) 23 -67 2019年09月 
15基本法上の官吏ストライキの禁止と欧州人権条約 自治研究 95 (8) 154 -161 2019年08月 
16構造科学としてのドイツ憲法理論 法律時報 91 (3) 92 -97 2019年02月 
17待機期間延長による官吏恩給の減額(117巻372頁)(2014年10月脱稿) ドイツの憲法判例 303 -307 2018年10月 
18官吏恩給法の法律解釈の遡及的変更(131巻20頁)(2014年10月脱稿) ドイツの憲法判例 259 -264 2018年10月 
19ドイツ高速料金の憲法理論:クリュガーの道路有料化批判 法律時報 90 (10) 86 -91 2018年08月 
20国際憲法と国内憲法の相剋:トリーペル覇権論の憲法理論的意義 法律時報 90 (5) 88 -93 2018年04月 
21CETA(欧加自由貿易協定)暫定適用決議に対する連邦政府の同意 自治研究 94 (3) 146 -152 2018年03月 
22憲法の改正 宍戸常寿・林知更(編)総点検 日本国憲法の70年 279 -289 2018年03月 
23衆院の解散権と民主制の理念 埼玉新聞 2018年01月 
24租税国家原理とドイツ財政憲法の構造転換 法律時報 90 (2) 84 -89 2018年01月 
25職務概念と公法理論:E・V・ハイエンの職務行政史・職務文献学・職務図像学 戸波江二先生古稀記念 憲法学の創造的展開(上) 219 -239 2017年12月 
26Verfassungsinterpretation und Verfassungswandel Matthias Jestaedt/Hidemi Suzuki(Hrsg.), Verfassungsentwicklung: Auslegung, Wandlung und Änderung der Verfassung. 1. Deutsch-Japanisches Verfassungsgespräch 2015 185 -200 2017年09月 
27憲法解釈と憲法変遷 小山剛・鈴木秀美(編)憲法の発展:解釈、変遷、改正(日独憲法対話) 205 -229 2017年09月 
28財政憲法の独自性?:ドイツ基本法の債務ブレーキ導入の意義 法律時報 89 (10) 82 -87 2017年08月 
29書評 公法学史方法の日独比較 Christoph Schönberger, Der "German Approach" (2015). 社会科学論集 (151) 21 -29 2017年06月 
30ドイツの憲法変動論:欧州統合と憲法変遷の関係を事例として 憲法問題 (28) 61 -75 2017年04月 
31今日のドイツの憲法問題と科学(1934年) 法律時報 89 (5) 104 -117 2017年04月 
32行政裁量と憲法構造:スメント学派の国家委託論と職務国家論 嶋崎健太郎(編)憲法の規範力5:憲法の規範力と行政 37 -61 2017年03月 
33法律による宗教団体への公法社団地位の付与 自治研究 92 (10) 125 -132 2016年10月 
34学長時代のスメント:ゲッティンゲン大学戦後史の一断面 早稲田法学 91 (3) 103 -135 2016年06月 
35待機期間延長による官吏恩給の減額 自治研究 92 (4) 150 -157 2016年04月 
36スメントの後任問題:1951年の国法講座と統合理論の継承 文明と哲学 (8) 166 -177 2016年03月 
37民主主義の些細な前提 埼玉新聞 2016年01月 
38法学への招待 社会科学論集 (144) 31 -33 2015年03月 
39スメント職務国家論の誕生 社会科学論集 (143) 145 -157 2014年11月 
40連邦憲法裁判所における法と人事:ドイツの場合 法律時報 86 (8) 25 -30 2014年06月 
41スメント『国法論文集』の出版と改訂 社会科学論集 (142) 111 -127 2014年06月 
42教会法の神学的基礎:ホネッカー『福音主義教会法』覚書 社会科学論集 (141) 29 -64 2014年03月 
43正当な補償——農地改革事件 憲法判例百選Ⅰ[第6版] 224 -225 2013年11月 
44スメントの規範力論——『憲法と憲法法』の周辺(1927~34年) 古野豊秋・三宅雄彦(編)講座 憲法の規範力1規範力の観念と条件 143 -169 2013年08月 
45憲法改正と実質憲法の意義:ドイツ憲法学から見た改憲問題の一断面 法律時報臨時増刊・「憲法改正論」を論ずる 44 -48 2013年08月 
46ドイツ国家教会法における国家の宗教的中立性:ベッカーとハイニヒの大学神学部地位論争 法学新報 120 (1-2) 455 -501 2013年06月 
47スメントの規範力論 社会科学論集 (139) 181 -196 2013年06月 
48自治基本条例の現実と理想 埼玉新聞 2013年04月 
49純粋法学と行政改革:M・イェシュテトの二元的法解釈の構想 社会科学論集 (136) 69 -99 2012年06月 
50自治基本条例の憲法性 政策と調査 (2) 57 -70 2012年03月 
51ドイツ基本法と同性カップル:独・パートナーシップ法の合憲性 性的マイノリティ国際判例集 165 -169 2011年12月 
52憲法具体化と行政法 : フリッツ・ヴェルナー行政法学と技術社会 社会科学論集 (134) 1 -23 2011年12月 
53ドイツ教会法における公共性委託の概念 社会科学論集 (133) 55 -74 2011年06月 
54緊急事態法制の拡充は必要か? 埼玉新聞 2011年05月 
55論証作法としての三段階審査 法学セミナー (674) 8 -10 2011年01月 
56Die Postreform und der Gewährleistungsstaat in Japan 社会科学論集 (129) 1 -11 2010年03月 
57欧州統合と統合理論--職務と代表による欧州憲法理論の可能性 社会科学論集 (128) 1 -29 2009年10月 
58保障国家と公法理論--ドイツ規制緩和における国家任務の位置 社会科学論集 (126) 31 -65 2009年03月 
59生活パートナーシップ法の合憲性 ドイツの憲法判例Ⅲ 189 -194 2008年10月 
60エコ税(環境税)の合憲性 ドイツの憲法判例Ⅲ 92 -97 2008年10月 
61文化は国家目標たりうるか? 比較法学 41 (2) 271 -291 2008年01月01日 
62国家目的としての安全 法学教室 (329) 14 -21 2008年01月 
63職業官僚制における制度と身分 法政理論 39 (4) 331 -372 2007年03月 
64書評 統合理論の現在 Roland Lhotta (Hrsg.), Die Integration des modernen Staates: Zur Aktualitat der Integrationslehre von Rudolf Smend (2005) 社会科学論集 (119) 71 -83 2006年11月 
65いわゆるエコ税の合憲性 自治研究 82 (7) 155 -162 2006年07月 
66ドイツ行政学教科書の誕生--ケットゲン公法学における科学・大学・官僚 社会科学論集 (117) 29 -46 2006年02月 
67法律・措置法律・ノモス 社会科学論集 (116) 23 -33 2005年11月 
68人生パートナーシップ法合憲判決 自治研究 79 (12) 143 -149 2003年12月 
69公布の本質(1) 社会科学論集 (109) 91 -104 2003年05月 
70<講演>21世紀の挑戦に直面する憲法 比較法学 36 (2) 121 -138 2003年01月01日 
71公法理論と価値秩序(2・完):価値哲学と精神科学における法の現実化 早稲田法学 77 (3) 99 -124 2002年03月 
72公法理論と価値秩序(1):価値哲学と精神科学における法の現実化 早稲田法学 77 (2) 229 -259 2002年01月 
73公法学・行政学・精神科学:フォルストホフにおける公法学と行政学の関係 早稲田法学 77 (1) 285 -318 2001年09月 
74政治的体験の概念と精神科学的方法(5):スメント憲法理論再構成の試み 早稲田法学 76 (1) 107 -145 2000年09月 
75政治的体験の概念と精神科学的方法(4):スメント憲法理論再構成の試み 早稲田法学 75 (4) 255 -300 2000年05月 
76政治的体験の概念と精神科学的方法(3):スメント憲法理論再構成の試み 早稲田法学 75 (2) 447 -493 2000年03月 
77政治的体験の概念と精神科学的方法(2):スメント憲法理論再構成の試み 早稲田法学 74 (4) 677 -743 1999年05月 
78政治的体験の概念と精神科学的方法(1):スメント憲法理論再構成の試み 早稲田法学 74 (2) 249 -368 1999年02月 
79憲法における危機管理と災害対策法制 都市復興の法と財政 77 -114 1997年10月 
80例外状態について(3・完):法哲学的・憲法理論的考察 法研論集 (82) 191 -221 1997年06月 
81ドイツにおける憲法理論の概念:憲法理論の成立,展開,任務,特徴 早稲田法学会誌 47 (1) 253 -307 1997年03月 
82例外状態について(2):法哲学的・憲法理論的考察 法研論集 (80) 261 -291 1997年01月 
83例外状態について(1):法哲学的・憲法理論的考察 法研論集 (79) 205 -232 1996年09月 

 

MISC
No.MISCタイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1書評 公法学史方法の日独比較 : Christoph Schonberger, Der "German Approach" : Die deutsche Staatsrechtslehrer im Wissenschaftsvergleich, mit Beitragen von Atsushi Takada und Andras Jakab (2015) 社会科学論集 (151) 21 -29 2017年06月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日会議種別
1未定 2022年04月02日 口頭発表(一般) 
2生活パートナーシップに関するドイツ連邦憲法裁判例の展開と基本法上の婚姻概念 ドイツ憲法判例と実務研究会(Zoom会議) 2021年10月26日 口頭発表(一般) 
3裁判官決定による官吏免職と基本法33条5項 ドイツ憲法判例研究会(Zoom会議) 2021年10月02日 口頭発表(一般) 
4Innenansicht des japanischen Verfassungsrechts(戦後日本憲法の発展) Konferenz deutschprachiger Juristen in Ostasien(東アジア法律家会議(忠南大学校・韓国)) 2019年08月29日 口頭発表(招待・特別) 
5官吏ストライキの禁止と欧州人権条約11条 ドイツ憲法判例研究会(日本大学) 2019年03月02日 口頭発表(一般) 
6財政憲法の構造と変動:全体憲法=部分憲法論の視角から Staatsrecht 研究会 (大阪大学) 2017年07月08日 口頭発表(一般) 
7CETA(欧加自由貿易協定)暫定適用決議に対するEU評議会における連邦政府の同意 ドイツ憲法判例研究会(専修大学) 2017年06月03日 口頭発表(一般) 
8プロテスタント教会法の基本思想 愛知学院大学 宗教法制研究所 平成28年度講演会 2016年11月24日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
9ドイツの憲法変動論:欧州統合と憲法変遷の関係を事例として 全国憲法研究会・研究集会(早稲田大学) 2016年10月10日 口頭発表(一般) 
10欧州統合と憲法変遷 Staatsrecht 研究会(大阪大学) 2016年06月11日 口頭発表(一般) 
11法律による宗教団体への公法社団地位の付与:第2次エホヴァの証人決定 ドイツ憲法判例研究会(専修大学) 2016年04月02日 口頭発表(一般) 
12Verfassungsinterpretation und Verfassungswandel(憲法解釈と憲法変遷) Deutsch-Japanisches Verfassungsgespräch(日独憲法対話(慶應義塾大学)) 2015年09月15日 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 
13Smend-Renaissance in Japan?: Seine Ämterlehre zwischen Staatsrechtslehre und Kirchenrechtslehre(日本におけるスメント研究の現状) Schillerhausgespräche(シラーハウス講演)(ドイツ・イエナ) 2015年02月05日 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等 
14F・ヴェルナー『具体化された憲法としての行政法』論文について ドイツ憲法判例研究会報告(早稲田大学) 2012年03月03日 口頭発表(一般) 
15Die Postreform und der Gewährleistungsstaat in Japan(日本における郵政改革と保障国家) 日独憲法シンポジウム(フライブルク大学) 2009年09月12日 口頭発表(一般) 
16統合理論による欧州統合の正当化 「憲法と国家」研究会(慶応義塾大学) 2009年07月11日 口頭発表(一般) 
17自治基本条例とは何か? なぜ必要か? 川口市自治基本条例策定委員会シンポジウム 2008年09月14日 口頭発表(基調) 
18官吏恩給の算定基準と基本法33条5項 ドイツ憲法判例研究会(上智大学) 2007年11月06日 口頭発表(一般) 
19いわゆるエコ税の合憲性 ドイツ憲法判例研究会(上智大学) 2005年01月08日 口頭発表(一般) 
20人生パートナーシップ法合憲判決 ドイツ憲法判例研究会(上智大学) 2003年04月15日 口頭発表(一般) 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.課題名等提供機関制度名資金種別研究期間担当区分
1ドイツ国法学上の国家憲法と宗教憲法の衝突の観点からみた現代的宗教問題の検討 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 競争的資金  2019年04月 - 2022年03月 研究代表者 
2ドイツ憲法理論・共和主義・教会法学における職務概念の構造 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 競争的資金  2013年04月 - 2016年03月 研究代表者 
3ドイツにおける憲法理論と教育哲学の方法論的連関 文部科学省 科学研究費補助金(基盤研究(C)) 競争的資金  2010年04月 - 2013年03月 研究代表者 
4ワイマール期ドイツ憲法理論の精神科学的基礎 文部科学省 科学研究費補助金(若手研究(B)) 競争的資金  2005年04月 - 2007年03月 研究代表者