駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

矢野 浩一 (ヤノ コウイチ,YANO Koiti)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1教養のための経済学超ブックガイド88 : 経済の論点がこれ1冊でわかる 共著 亜紀書房 2020年08月 9784750516516
2デフレと戦う : 金融政策の有効性 : レジーム転換の実証分析 共著 日本経済新聞出版社 2018年10月 9784532134846
3リフレが日本経済を復活させる : 経済を動かす貨幣の力 共著 中央経済社 2013年03月 9784502478208

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1現代マクロ経済学の源流と現在地 その知見がもたらしたもの 中央公論(2021年 08 月号) 135 (8) 110 -117 2021年07月 
2The death penalty and homicide deterrence in Japan Punishment & Society 20 (4) 432 -457 2018年04月 
3日本における死刑と厳罰化の犯罪抑止効果の実証分析 犯罪をどう防ぐか (シリーズ 刑事司法を考える 第6巻)所収 157 -182 2017年06月 
4気鋭の経済論点:失業率のあるべき水準 『日経ビジネス』(2017年3月13日号) 2017年03月 
5Zero lower bounds in new Keynesian models and a constrained Ramsey problem SSRN working paper, No. 2598205 2015年02月 
6なぜリフレ派は消費増税に反対なのか? SYNODOS 2014年12月 
7Darwin Meets Schumpeter: Natural Selection Types and Environmental Changes in an Endogenous Growth Model SSRN working paper No. 2514968 2014年10月 
8粒子フィルタの基礎と応用: フィルタ・平滑化・パラメータ推定 日本統計学会誌 44 (1) 189 -216 2014年10月 
94〜6月期減速は想定以上 下期も公共投資に懸念あり 週刊エコノミスト 92 (40) 11 -12 2014年09月 
10The End of One Long Deflation: An Empirical Investigation SSRN working paper, No. 2461720 2014年08月 
11動学的確率的一般均衡 (DSGE)モデルと政策分析 Economic and Social Research (ESR), 2014年夏号 2014 (5) 14 -16 2014年06月 
12リフレ政策研究の源流はリベラル 週刊エコノミスト 92 (8) 62 -63 2014年02月 
13ニュー・ケインジアンモデルで進む金融政策の分析 経済セミナー(2013年12月・2014年1月号) 36 -41 2013年11月 
14異次元緩和で予想実質金利は低下 週刊エコノミスト 91 (41) 46 -47 2013年09月 
15リフレ派の主張 「恐慌研究」が生み出した異次元緩和 週刊エコノミスト 91 (39) 27 -27 2013年09月 
16Q&Aで解説する 異次元緩和と「期待」の基礎知識 週刊エコノミスト 91 (39) 24 -27 2013年09月 
17アベノミクスで実質賃金は緩く上昇 週刊エコノミスト 91 (36) 54 -55 2013年08月 
18ゼロ金利下での消費増税は延期を 週刊エコノミスト 91 (30) 46 -47 2013年07月 
19自然選択のタイプと企業多様性: 内生的経済成長理論の進化論的拡張 駒澤大学経済学論集 44 (4) 25 -38 2013年03月 
20貨幣がなぜ実質変数を動かすのか? リフレで日本経済は復活する 78 -114 2013年03月 
21リフレ政策とは何か? ―― 合理的期待革命と政策レジームの変化 SYNODOS 2012年12月 
22ゼロ金利制約下における日本経済――流動性制約家計を含むニューケインジアンDSGEモデル 世界同時不況と景気循環分析(浅子和美・飯塚信夫・宮川努編) 177 -199 2011年03月 
23DYNAREによる動学的確率的一般均衡シミュレーション〜新ケインズ派マクロ経済モデルへの応用〜 経済分析 (181) 153 -194 2009年01月 
24A self-organizing state space model and simplex initial distribution search COMPUTATIONAL STATISTICS 23 (2) 197 -216 2008年04月 
25Japanese Monetary Policy Reaction Function and Time-Varying Structural Vector Autoregressions: A Monte Carlo Particle Filtering Approach FSA Research Review 2007 103 -140 2008年03月 
26初期分布探索付き自己組織化状態空間モデルによる金融時系列解析の最前線:t分布付き確率的ボラティリティ変動モデルへの応用 2006年度FSAリサーチレビュー(金融庁金融研究研修センター年報) 143 -166 2007年02月 
27カルマンフィルターによるベータ推定 2004年度FSAリサーチレビュー(金融庁金融研究研修センター年報) 104 -125 2004年12月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日会議種別
1インフレ予想とデフレ脱却 国民経済計算研究会 2015年03月14日 口頭発表(一般) 
2Natural Selection Types and Firm Diversity: An Evolutionary Extension of Endogenous Growth Theory European Economic Association & Econometric Society 2014 Parallel Meetings 2014年09月25日 口頭発表(一般) 
3The End of One Long Deflation: An Empirical Investigation 早稲田大学高等研究所研究会 2014年06月24日 口頭発表(一般) 
4Time-varying analysis of dynamic stochastic general equilibrium models based on sequential Monte Carlo methods 20th International Conference on COMPUTATIONAL STATISTICS (COMPSTAT 2012) 2012年09月28日 口頭発表(一般) 
5Liquidity-constrained Households and Zero Lower Bounds in DSGE Models: A Sequential Monte Carlo Approach 5th Japanese-European Bayesian Econometrics. and Statistics Meeting 2012年08月23日 口頭発表(一般) 
6Time-varying analysis of dynamic stochastic general equilibrium models based on sequential Monte Carlo methods 6th Japanese-European Bayesian Econometrics and Statistics Meeting 2012年07月01日 口頭発表(一般) 
7Estimating new Keynesian DSGE Models in a liquidity trap using the Monte Carlo particle filter: an application to the Japanese economy 2010 Econometric Society World Congress 2010年08月 口頭発表(一般) 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.課題名等提供機関制度名資金種別研究期間担当区分
1ゼロ金利制約下の大規模ショックによる経済変動と政策対応の計量分析 科学研究費助成事業 基盤研究(C) 競争的資金  2012年04月 - 2015年03月