駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

山口 浩 (ヤマグチ ヒロシ,YAMAGUCHI Hiroshi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1就活メディアは何を伝えてきたのか 単著 青弓社 2023年02月28日 9784787235169
2ソーシャルメディア論・改訂版 つながりを再設計する 共著 青弓社 2019年02月  
3広告コミュニケーションの総合講座2018 共著 日経広告研究所 2017年12月  
4ソーシャルメディア論 つながりを再設計する 共著 青弓社 2015年10月  
5景品・表示の法実務 共著 三協法規出版 2014年  
6リスクの正体!-賢いリスクとのつきあい方 (木星叢書) 単著 バジリコ 2009年01月07日 4862381219
7検証ビジネススクール:日本でMBAを目指す全ての人に 共著 慶應義塾大学ビジネス・スクール 2009年  
8日本企業の東アジア戦略:米欧アジア企業との国際比較 共著 日本経済新聞出版社 2008年  
9コンテンツ学 共著 世界思想社 2007年  
10情報社会論:超効率社会の構図 共著 北大路書房 2007年  
11金融・会計のビジネス数理(シリーズ ビジネスの数理第5巻) 共著 朝倉書店 2007年  
12金融・契約技術・エージェンシーと経営戦略 共著 東洋経済新報社 2006年  
13リアルオプションと経営戦略 共著 シグマベイスキャピタル 2006年  
14金融工学事典 共著 2004年  
15不動産金融工学と不動産市場の活性化 共著 東洋経済新報社 2003年  
16リアルオプションと企業経営 単著 エコノミスト社 2002年09月  
17リアルオプション 共訳 エコノミスト社 2001年  

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1Consumer Perceptions of Stealth Marketing: What Makes Consumers Disgusted? 1 -13 2022年03月 
2'Intimate Relationship' with 'Virtual Humans' and the 'Socialification' of Familyship Paladyn, Journal of Behavioral Robotics 11 (1) 2020年08月 
3オープンプライバシーの諸問題 ソーシャルメディア社会における情報流通と制度設計 情報ネットワーク・ローレビュー 13 (1) 200 -223 2014年 
4AISCA: ソーシャルメディア時代の新しい消費者行動モデル Journal of Global Media Studies 11 (11) 25 -38 2012年 
5ネットの力、みんなのチカラ:コンテンツ創造における集合知活用の現状・課題・展望 Journal of Global Media Studies 9 (9) 41 -55 2011年 
6予測市場と集合知メカニズムの現状と展望:『神の手』と『衆愚』の間 経営システム 20 (5) 234 -238 2010年 
7A Preliminary Study of Economic Forecast by Collective Intelligence of Ordinary Internet Users Research Report of International Collaboration Project 2008 “Macroeconomic Perspective in Population Decline” Theme D 145 -187 2009年 
8仮想世界サービスの今後の展望と課題①:仮想世界サービスのビジネスへの活用とその意義―「セカンドライフ」バブルを越えて 経営情報学会誌 17 (2) 93 -96 2008年 
9General Election Hatena: The First Political Prediction Market in Japan」, 『Journal of Global Media Studies Journal of Global Media Studies 1 (1) 71 -76 2007年 
10オンラインゲームと子どもの安全 『子どもを危険から守る』(文部科学省平成19年度委託事業「子どもの安全に関する情報の効果的な共有システムに関する調査研究」報告書) 109 -125 2007年 
11Capital Structure Choice of the Foreign Affiliates of Japanese Multinational Firms: Characteristics and Problems 2007年 
12On Policy Issues “in” Virtual Worlds: Beyond the “Seniority-Based Dragonball Economy” デジタルゲーム学研究 1 (1) 54 -64 2007年 
13An Analysis of Virtual Currencies in Online Games 社会科学ジャーナル (53) 53 -76 2004年09月 
14Real Options in Japanese Real Estate Market 筑波大学大学院ビジネス科学研究科 1 -240 2004年03月 
15東アジアIT・コンテンツ企業の戦略的国際連携 国際金融情報センタートピックスレポート 1 (28) 2004年 
16オンラインゲーム発 国際『地域通貨』の可能性 国際金融 (1114) 32 -37 2003年 
17Real Option Analysis of Kanshi Kuiki Regulation 応用地域学研究 8 (1) 43 -54 2003年 
18Real Option Analysis of Land Taxation Policy Under Mean-Reverting Land Prices 経営財務研究 22 (2) 132 -149 2002年 
19The Real Option Premium in Japanese Land Prices 4th Annual International Conference on Real Options. Cambridge, UK 2000年 
20Real Option Premium in Tokyo Residential Land Prices 国際大学大学院 1 -146 1995年06月 

 

MISC
No.MISCタイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1誤報を防ぐには精神論に頼らないリスクマネジメントの発想が必要だ (特集 朝日新聞問題を徹底検証する) Journalism (298) 49 -57 2015年03月 
2イタリア地震学者の有罪判決にみるリスクコミュニケーションの課題 リスクマネジメントToday (76) 16 -19 2013年01月 
3ステルスマーケティングへの「対策」について SYNODOS 2013年 
4言論空間における「関係性の明示」について SYNODOS 2012年06月 
5口コミとマーケティングの間 SYNODOS 2012年 
6高度化する仮想空間で「重層化」する社会 商工ジャーナル 70 -74 2011年02月 
7「ゼロリスク幻想」とソーシャル・リスクコミュニケーションの可能性 SYNODOS 2011年 
8ネットの力,みんなのチカラ―よりよい「魔法」の使い方 智場 (116) 104 -108 2011年 
9ネット技術と社会の変化 現代のエスプリ 167 -175 2008年07月 
10ネットの中の「世界」と「経済」 現代のエスプリ 158 -166 2008年07月 
11オンラインゲーム利用における子どもの安全―リアルマネートレード(RMT)の問題から考える 児童心理 43 -48 2008年02月 

 

講演・口頭発表等
No.講演・口頭発表タイトル会議名発表年月日会議種別
1Love As A Basis of Robot Rights 7th International Congress on Love & Sex with Robots 2022年11月20日 口頭発表(一般) 
2Character Choice and Gender in FPS Games 日本デジタルゲーム学会第11回年次大会 2021年03月13日 口頭発表(一般) 
3Computer-Mediated Intimacy and “Socialification” of Familyship 5TH INTERNATIONAL LOVE AND SEX WITH ROBOTS CONFERENCE 2020 2020年12月08日 口頭発表(一般) 
4ゲームにおける“ずる”の研究 日本デジタルゲーム学会第10回年次大会 2020年03月01日 口頭発表(一般) 
5スポーツ・テックと情報通信:2020東京オリ・パラを通して 情報通信学会2019年度秋季(第41回)国際コミュニケーション・フォーラム 2019年11月30日 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 
6The world of play where homo ludens live Digra2019 2019年08月 シンポジウム・ワークショップ パネル(指名) 
7An Attempt to Develop SIR (“sit-is-real”) Index Digra2019 2019年08月 口頭発表(一般) 
8『リアルはクソゲー』度指数(仮)の開発に向けた予備的研究 日本デジタルゲーム学会第9回年次大会 2019年03月03日 口頭発表(一般) 
9クチコミマーケティングの業界ガイドライ ンのあり方に関する基礎的研究 情報通信学会2018年度秋季(第39回)大会 2018年11月17日 口頭発表(一般) 
10'Intimate Relationship' with 'Virtual Humans' and the 'Socialification' of Familyship Asia Pacific Society for Computing and Information Technology 2018 Annual Meeting 2018年07月20日 口頭発表(一般) 
11広告の価値を再考する ―消費者の広告態度を通して― 日経広告研究所第50回広告総合講座 2017年07月04日 口頭発表(招待・特別) 
12インターネットメディアと広告の信頼性について再考する JARO・JIAA共催 広告研究セミナー『インターネットの広告メディアとしての信頼性~現状と課題の解決に向けて~』 2017年04月07日 口頭発表(招待・特別) 
13いま「ステマ」を考える 日本広報学会第60回広報塾 2013年 口頭発表(招待・特別) 
14ソーシャルメディア時代のリスクコミュニケーション 第8回食品安全シンポジウム 2012年03月02日 口頭発表(招待・特別) 
15予測市場と集合知メカニズムをめぐる法的問題について 日本経営工学会「予測市場と集合知メカニズム研究部会」第3回 2011年 口頭発表(招待・特別) 
16ゲームの未来を考える:「コンテンツ」を超えて Computer Entertainment Developers Conference (CEDEC) 2009 2009年09月 口頭発表(招待・特別) 
17仮想世界の社会経済システム 3Dフォーラム:第85回研究会 2008年 口頭発表(招待・特別) 
18「セカンドライフ」とその先の世界:仮想世界サービスの意義と可能性 KDDI総研セミナー 2008年 口頭発表(招待・特別) 
19仮想世界における情報。契約・金融の技術の融合 ブロードバンド推進協議会シンポジウム「仮想世界の法と経済」 2007年 口頭発表(一般) 
20Web2.0と予測市場 情報通信月間シンポジウム2007「インターネットのもたらす新たな変革~Web2.0で広がるコミュニケーションとビジネス!~」 2007年 口頭発表(一般) 
21Capital Structure Choice of the Foreign Affiliates of Japanese Multinational Firms: Characteristics and Problems 日本経済研究センター「日本企業の中国・アジア戦略の再構築:米欧韓企業との比較研究」コンファレンス 2006年 口頭発表(一般) 
22An Analysis of Virtual Currencies in Online Games ゲーム学会第3回大会 2004年 口頭発表(一般) 
23Real Option Analysis Under Mean-Reverting Land Prices 日本不動産金融工学学会大会 2002年 
24EVA, MVA, and Real Options APFA/PACAP/FMA 合同国際大会 2002年 口頭発表(一般) 
25Real Option Analysis of Kanshi Kuiki Regulation Asian Real Estate Society 国際大会 2001年 口頭発表(一般) 
26Real Option Premium in Japanese Land Prices 4th International Conference on Real Options 2000年 口頭発表(一般) 
27Real Option Analysis Under Mean Reverting Asset Prices: Application to Real Estate Market 日本ファイナンス学会=アジア・パシフィック・ファイナンス学会共同国際大会 1998年 口頭発表(一般) 
28A Note on the Real Option Premium in Japanese Land Prices International Conference of American Real Estate & Urban Economics Association 1996年05月 口頭発表(一般) 

 

共同研究・競争的資金等の研究課題
No.課題名等提供機関制度名資金種別研究期間担当区分
1ステルスマーケティングの抑止に関する基礎的研究 駒澤大学 特別研究助成 競争的資金  2018年04月 - 2019年03月 研究代表者 
2「第四の革命」に対応する日本企業の戦略と 法人制度の改革に関する研究 駒澤大学 特別研究助成 競争的資金  2015年04月 - 2016年03月 
3リスクコミュニケーションにおける情報の伝達手法に関する研究 厚生労働省 科学研究費補助金 競争的資金  2013年04月 - 2014年03月 
4ソーシャルメディアと集合知を活用したリスクコミュニケーション 駒澤大学 特別研究助成 競争的資金  2012年04月 - 2013年03月 研究代表者 
5Macroeconomic Perspective in Population Decline” Theme D 内閣府経済社会総合研究所 平成20年度国際共同研究 競争的資金  2009年04月 - 2010年03月 
6政策関心空間の構造分析と政治的意思決定支援への応用 JST 科学研究費補助金 競争的資金  2007年04月 - 2009年03月 
7オンライン化型人的ネットワークを活用したコンテンツ創出ビジネスの手法に関する調査研究:予測市場、仮想経済圏、ソーシャルネットワークサービス(SNS)およびブログとの関連性に関する考察 駒澤大学 特別研究助成 競争的資金  2006年04月 - 2007年03月 研究代表者 
8多主体系シミュレーションによるP2Pコンテンツ流通の社会的影響と制度設計 JST 科学研究費補助金 競争的資金  2006年04月 - 2008年03月 
9「オプション」を組み込んだ事業スキーム検討業務報告書 独立行政法人都市再生機構東日本支社 競争的資金  2005年04月 - 2006年03月 
10予測市場:市場メカニズムによる将来予測の手法とその活用 電通総研 競争的資金  2005年 - 現在 研究代表者