駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

黒住 早紀子 (クロズミ サキコ,KUROZUMI Sakiko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1学習・発達論 2021年度 本講義では、教育心理学の基礎理論や知見を学び、教育実践の上で不可欠な人間発達・学習に関する理解を深める。発達・学習についての基礎理論に加えて、各発達段階の心身の多面的な発達に関して学び、それを踏まえた学習スタイルや主体的な学習を支える指導のあり方を考える。さらに、生涯発達に関して学び、障害をもつ人々の発達・学習支援といった問題にも触れる。受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用し、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容に応じ、疑似体験等の参加型学習を取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
2教職実践演習(中・高) 2021年度 本演習は、教職課程での学びの総仕上げとして位置づけられる。現代の学校教育が抱える様々な課題に改めて向き合い、その中で自らがなすべきことを見出し、そのために必要な能力等をきちんと身につけるための学びの最終段階が本演習の中で行われることとなる。そのためには、自身の教職課程での学びを振り返りつつ、それらを自身の中に確実に位置づけ、さらなる深い学びに発展させていかなければならない。具体的には、最新の教育に関する研究動向を踏まえつつ、各テーマに関するグループでの討論、グループ活動、場面指導・ロールプレイ、模擬授業等のことを適切に組み合わせつつ進めていくこととなる。 
3教職実践演習(中・高) 2021年度 本演習は、教職課程での学びの総仕上げとして位置づけられる。現代の学校教育が抱える様々な課題に改めて向き合い、その中で自らがなすべきことを見出し、そのために必要な能力等をきちんと身につけるための学びの最終段階が本演習の中で行われることとなる。そのためには、自身の教職課程での学びを振り返りつつ、それらを自身の中に確実に位置づけ、さらなる深い学びに発展させていかなければならない。具体的には、最新の教育に関する研究動向を踏まえつつ、各テーマに関するグループでの討論、グループ活動、場面指導・ロールプレイ、模擬授業等のことを適切に組み合わせつつ進めていくこととなる。 
4学習・発達論 2021年度 本講義では、教育心理学の基礎理論や知見を学び、教育実践の上で不可欠な人間発達・学習に関する理解を深める。発達・学習についての基礎理論に加えて、各発達段階の心身の多面的な発達に関して学び、それを踏まえた学習スタイルや主体的な学習を支える指導のあり方を考える。さらに、生涯発達に関して学び、障害をもつ人々の発達・学習支援といった問題にも触れる。受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用し、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容に応じ、疑似体験等の参加型学習を取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
5学習・発達論 2021年度 本講義では、教育心理学の基礎理論や知見を学び、教育実践の上で不可欠な人間発達・学習に関する理解を深める。発達・学習についての基礎理論に加えて、各発達段階の心身の多面的な発達に関して学び、それを踏まえた学習スタイルや主体的な学習を支える指導のあり方を考える。さらに、生涯発達に関して学び、障害をもつ人々の発達・学習支援といった問題にも触れる。受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用し、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容に応じ、疑似体験等の参加型学習を取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
6教育課程論 2021年度 本講義では、カリキュラムとは何かという根本的な問いから、教育課程に関する基礎的知識を概観する。次いで教育課程の国家基準である学習指導要領の歴史的変遷を辿ることで、学校教育の教育活動の全体的な計画である教育課程の意義を考える。そして、新学習指導要領改訂の社会的背景を紹介した上で、新学習指導要領の内容を精読することを通して、教育課程の役割・機能や、編成の方法について理解する。あわせて、望ましいカリキュラム編成のあり方を先進的事例の検討を通じて考える。 受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用して、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容や必要に応じて、参加型アクティビティを取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
7教育課程論 2021年度 本講義では、カリキュラムとは何かという根本的な問いから、教育課程に関する基礎的知識を概観する。次いで教育課程の国家基準である学習指導要領の歴史的変遷を辿ることで、学校教育の教育活動の全体的な計画である教育課程の意義を考える。そして、新学習指導要領改訂の社会的背景を紹介した上で、新学習指導要領の内容を精読することを通して、教育課程の役割・機能や、編成の方法について理解する。あわせて、望ましいカリキュラム編成のあり方を先進的事例の検討を通じて考える。 受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用して、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容や必要に応じて、参加型アクティビティを取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
8教育課程論 2021年度 本講義では、カリキュラムとは何かという根本的な問いから、教育課程に関する基礎的知識を概観する。次いで教育課程の国家基準である学習指導要領の歴史的変遷を辿ることで、学校教育の教育活動の全体的な計画である教育課程の意義を考える。そして、新学習指導要領改訂の社会的背景を紹介した上で、新学習指導要領の内容を精読することを通して、教育課程の役割・機能や、編成の方法について理解する。あわせて、望ましいカリキュラム編成のあり方を先進的事例の検討を通じて考える。 受講者の理解を深めるため、リアクションペーパーを活用して、講義内容の理解度を毎回確認し、必要に応じて次回講義時にフィードバックを行なう。また、講義内容や必要に応じて、参加型アクティビティを取り入れ、受講者の主体的な学びを促す。 
9介護等体験指導 2021年度 特別支援教育に関する理念、制度の導入の過程について理解し、インクルーシブ教育システム、合理的配慮等、共生社会の実現のために必要な基礎的知識と知見を得る。その上で、発達障害や生活上の困難などのため、特別の支援を必要とする生徒の特性等を理解し、そうした生徒への支援の方法や学校における教育課程等についての基礎的知識と知見を得る。さらに、特別支援教育を充全に行うための校内体制作り、及び、校外専門機関等と連携し、家庭との連携も深めることによる組織的体制作りについて学び、特別支援教育を担う教師として必要な基礎的知識と知見を得る。また、「介護等体験」について、体験の意義・目的を理解した上で、社会福祉施設・特別支援学校における体験の概要について学び、体験を充実したものにするための事前準備学習を行う。 
10介護等体験指導 2021年度 特別支援教育に関する理念、制度の導入の過程について理解し、インクルーシブ教育システム、合理的配慮等、共生社会の実現のために必要な基礎的知識と知見を得る。その上で、発達障害や生活上の困難などのため、特別の支援を必要とする生徒の特性等を理解し、そうした生徒への支援の方法や学校における教育課程等についての基礎的知識と知見を得る。さらに、特別支援教育を充全に行うための校内体制作り、及び、校外専門機関等と連携し、家庭との連携も深めることによる組織的体制作りについて学び、特別支援教育を担う教師として必要な基礎的知識と知見を得る。また、「介護等体験」について、体験の意義・目的を理解した上で、社会福祉施設・特別支援学校における体験の概要について学び、体験を充実したものにするための事前準備学習を行う。 
11教育実習指導 2021年度 中学・高校での教育実習では、実習生とはいえ教師であることを求められる。そこで、この授業では、次年度に教育実習を行う学生を対象とし、実習のための準備を行う。 
12教育実習A 2021年度 中学・高校での実習体験を実り多いものとするために、実習に向けての準備を整える。実習後は、実習報告を行い、実習体験を他の人々と共有し深める。 
13教育実習A 2021年度 中学・高校での実習体験を実り多いものとするために、実習に向けての準備を整える。実習後は、実習報告を行い、実習体験を他の人々と共有し深める。