駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

松信 ひろみ (マツノブ ヒロミ,MATSUNOBU Hiromi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1家族社会学 2022年度 本講義では、現代の結婚と家族を社会学的に検討するために必要な基礎的な知識と理論的視点を解説する。「現代家族論」(後期隔年開講科目)が現代日本における結婚と家族の具体的な事象、問題の解説に重点をおくのに対して、本講義では、結婚・家族にかかわる主として欧米の社会学的研究や理論を用いて、現代日本の結婚と家族を読み解く観点を提示することを中心的なテーマとする。 
2ジェンダー・セクシュアリティ論 2022年度 本講義では、ジェンダーとセクシュアリティの視点から、現代社会における諸現象や諸問題を読み解く。ジェンダーの視点から社会問題を捉えることは、単に「女性差別」の問題を扱うわけではなく、「性差」という観点から現代社会の現象や問題を捉えようとすることである。そして、セクシュアリティの視点に立つならば、「性差」は「男女」という「二項対立の生物学的性差」によってのみ捉えることはできないのである。本講義では、こうしたジェンダー、セクシュアリティの概念解説に始まり、性表現(らしさや性役割)、性暴力、性の商品化、リプロダクティブ・ヘルス&ライツの問題、セクシュアル・マイノリティの人々をとりまく社会的現状と社会的困難などについて講義する。なお、セクシュアル・マイノリティの方々の現状と問題に関して理解を深めるために、当事者の方をゲスト・スピーカーとしてお招きして、体験談やご自身の活動などについてお話いただく予定である。 講義科目ではあるが、アクティブ・ラーニングの手法を取り入れ、可能な限り、双方向型の授業を心がけていきたい。 
3社会学専門演習Ⅱ 2022年度 本演習は、社会学専攻3年次の必修科目である。本演習では、主としてインタビュー調査を実施し、調査の企画から報告書の作成まで質的調査の一連の作業を経験することにより、社会調査の 実践的手法を学ぶことをねらいとしている。具体的な調査の作業としては、質的調査の企画、先行研究のリサーチに基づく問いの設定、対象者とのアポイントメントをはじめとする実査の実施、トランスクリプトの作成と調査結果の整理、知見の分析、報告書の作成などであり、すべての作業に受講生がかかわることになる。調査対象者はセクシュアル・マイノリティの当事者である。そして、本演習で実施するインタビュー調査は、報告書としてとりまとめるだけでなく、年度末に世田谷区内の中学校・高校で実施する「出前講座」(世田谷区立男女共同参画センター主催)での講座内容にも活かすことになる。受講生は「出前講座」の講座担当者として、中・高校へ出向き、講座を実施する。また、世田谷区との連携としては、セクシュアル・マイノリティを対象としたコミュニティ・スペースへでのボランティアも担当し、そこで得たことも「出前講座」に活かすことができると考える。なお、夏期休業中に実施する4年生と合同のゼミ合宿においては、インタビュー調査の結果を踏まえた出前講座の講義内容等について検討を行う予定である。 
4社会学専門演習Ⅲ 2022年度 本演習は、社会学科社会学専攻4年次の必修科目である。卒業論文・卒業レポートの作成を目指して指導を行う。前期は論文・レポートのテーマ決定と執筆に向けての実査や準備作業 を中心に指導する。夏期休業中までに、学生は各人で実査を実施し、データのとりまとめを行う。夏期休業中に行う3年生と合同のゼミ合宿においては、データの分析結果の速報を含めた卒業論文・卒業レポートの中間報告を行う。後期は個人指導により、卒業 論文・卒業レポートの完成を目指す。卒業論文・卒業レポートの提出後は、報告会を実施する。 

 

教育方法の実践例
No.タイトル年月日概要
1授業時に小レポートと授業へのコメントを求める  2000年 - 現在 2000~2004年、毎年。大学としての授業評価アンケートの実施に加え、授業の際に複数回授業に対する感想、意見、注文などを小レポート形式で書いてもらい、提出させている。その内容をもとに授業改善を学生におこなっている。 

 

作成した教科書教材
No.タイトル年月日概要
1『近代家族のゆらぎとあたらしい家族のかたち』八千代出版 2012年04月 編著の家族社会学のテキスト。理論編とデータ編をひとつの章に盛り込んだのが特徴。従来家族社会学のテキストではあまり取り扱ってこなかった、セクシュアリティの問題、家族政策の問題を扱っているのも特徴的である。 
2『21世紀の家族さがし』学文社 2010年 2003年、2010年に続く同じシリーズの家族社会学にテキスト 
3『新版 新世紀の家族さがしーおもしろ家族論』学文社 2007年05月 2003年と同じシリーズの家族社会学のテキスト 
4『増補改訂版新世紀の家族さがし-おもしろ家族論』学文社 2003年04月20日 従来の家族社会学のテキストは理論中心のものであったが、本書はアップトゥーデートな問題、現象を具体的にとりあげ、そこから現代家族の分析をおこなうという形式をとった新しいタイプのテキストである。