駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

大前 智文 (オオマエ トモフミ,OHMAE Tomofumi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1新入生セミナー 2021年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中でテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、レポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
2中小企業論 2021年度 多種多様(異質多元)な中小企業を理解するための基礎的な知識と理論的な枠組みを把握することから、中小企業の役割や意義、経営課題や中小企業に特有の不利性や問題性について理解を深める。そして、恒常的に廃業・淘汰の危機に晒され、その発展を阻害されながらも、力強く存立・発展する中小企業の動態的なあり方を把握する。また、中小企業に関する豊富な事例分析から、その経営実態や経営課題についても理解を深める。 
3中小企業政策論 2021年度 大企業とは異なる特別な存在としての中小企業とその支援策について、戦後日本の中小企業政策を中心に基礎的な知識と理論的な枠組みを把握する。中小企業の役割や意義を理解した上で、個別中小企業の経営課題の解決に加え、地域経済・地域産業へのアプローチまで、多岐にわたる支援策を分析・考察するとともに、 「これからの中小企業政策」についても考える。 
4演習Ⅰ 2021年度 経済のグローバル化、人口減少・少子高齢化、エネルギー問題、新型コロナウィルス感染症の流行という大きな潮流に注目しながら、現代における中小企業のあり方について学ぶ。中小企業の実態と課題について、テキストや事例分析に基づく実証研究を踏まえながら、その理論化と実践を志向する。 
5日本事情Ⅸ 2021年度 本科目では留学生を対象として、経済学の発展に関わる代表的な経済学者ならびに経済理論を順次取り上げ、そのエッセンスと展開を解説する。加えて、日本経済のこれまでの歩みを理解するために必要となるトピックスを取り上げ、日本経済・社会のあり方と特徴について検討する。また、これからの日本経済、ならびに資本主義経済のあり方について考察するための分析視角を構築する。 
6演習Ⅱ 2021年度 経済のグローバル化、人口減少・少子高齢化、エネルギー問題、新型コロナウィルス感染症の流行という大きな潮流に注目しながら、現代における中小企業のあり方について学ぶ。中小企業の実態と課題について、テキストや事例分析に基づく実証研究を踏まえながら、その理論化と実践を志向する。