駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

山田 雅俊 (ヤマダ マサトシ,YAMADA Masatoshi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1新入生セミナー 2020年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中でテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、レポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
2企業経営学a 2020年度 この授業では、企業経営についての基本的な考え方を理解するために、経営学の基礎的な概念や理論を学びます。企業経営の実際の事例を紹介しながら、経営学の基礎理論を議論します。この講義は経営学の領域にあるさまざまな専門科目への入門として位置づけられます。 
3企業経営学b 2020年度 「企業経営学a」と同様、本講義は、企業経営についての基本的な考え方を理解するために、経営学の基礎的な概念や理論を学びます。経営学の諸理論とその事例を解説します。この講義の主眼は経営学の「基礎理論」の修得にあり、経営学の領域にあるさまざまな専門科目への入門として位置付けられます。 
4経営学基礎a 2020年度 経営学基礎a/bでは、企業の経営に関する基礎的な知識、概念ならびに理論等を広く体系的に習得し、現代企業の特質とその役割を理解することを目的としています。とりわけ経営学基礎aでは、アクティブラーニングの一環と して、反転学習を重視しています。企業の基本的構造、主として制度上の観点からの基本的課題事項の整理を通じて、企業の本質的課題事項にアプローチします。 
5経営学基礎b 2020年度 経営学基礎a/bでは、企業の経営に関する基礎的な知識、概念ならびに理論等を広く体系的に習得し、現代企業の特質とその役割を理解することを目的としています。本講義では、アクティブラーニングの一環と して反転学習を重視しています。経営学基礎aでの内容を踏まえ、企業財務、M&A、新規事業創出、マーケティング、企業組織、生産管理、HRMといった企業経営の個別領域について取り上げながら、これらそれぞれの各論についての基礎的な知識と考え方とを学びます。 
6演習Ⅰ 2020年度 情報通信技術の浸透による市場や人々の生活の変化、環境問題や貧困・格差問題などのグローバルかつローカルな解決策を要する社会的課題など、大きく経営環境が変化しつつあり、企業は今まで以上に戦略的な経営革新を問われている。演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを通じて、現代の企業経営の特徴と課題を理解することを目的として、経営戦略とイノベーション(経営革新)の視点から企業の環境経営(sustainable management)について理解を深めることを課題とする。 演習Ⅰでは、イノベーション(経営革新)とそのマネジメントについて、基礎的な理論と最新の研究成果に基づいて検討し、持続可能な社会における企業経営について考える。本演習では、受講生が下記の教科書を輪読し、議論を重ねていく。受講生は全員、毎回指定された範囲を自宅で精読し、自分なりの論点・疑問点を発表する。提起された論点・疑問点を全員で1つ1つ検討・議論する 
7演習Ⅱ 2020年度 情報通信技術の浸透による市場や人々の生活の変化、環境問題や貧困・格差問題などのグローバルかつローカルな解決策を要する社会的課題など、大きく経営環境が変化しつつあり、企業は今まで以上に戦略的な経営革新を問われている。演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲを通じて、現代の企業経営の特徴と課題を理解することを目的として、経営戦略とイノベーション(経営革新)の視点から企業の環境経営(sustainable management)について理解を深めることを課題とする。 演習Ⅱでは、持続可能性をコンセプトとする企業経営の成立要件を検討する。その際、経営戦略、企業の社会的責任(CSR)、企業倫理などの視点からビジネスモデル、特に生産システムの革新について考察し、議論を重ねていく。本演習では、受講生が下記の教科書を輪読し、議論を重ねていく。受講生は全員、毎回指定された範囲を自宅で精読し、自分なりの論点・疑問点を発表する。提起された論点・疑問点を全員で1つ1つ検討・議論する