駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

河田 陽向 (カワダ ヨウコウ,KAWADA Yoko)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1ミクロ経済学 2021年度 ミクロ経済学の主たる目的のひとつは、資源配分制度としての「市場」の機能を明らかにすることである。市場をつかって財の取引を行うことは、どのような意味で他の方法より優れているのか、あるいは劣っているのかを学ぶことが、本講義の主題である。そのために、本講義ではまず消費者や生産者をモデル化し、数学的な議論を積み上げていく。講義で用いる数学的な知識は丁寧に解説するため特別な予備知識は必要としない。基本的には講義形式だが、着実な理解を図るために、演習や課題などで学生自らが考える機会を用意する。教室内あるいはオンライン上で経済実験なども行う予定である。 
2新入生セミナー 2021年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中でテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、レポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
3演習Ⅰ 2021年度 多数決や選挙の仕組みに、疑問を持ったことはあるだろうか。世の中の財の取引方法(例えばチケットの売買方法)や、マッチングの決め方(例えば就活)に、言いようのない不満を覚えたことはあるだろうか。もしそのような経験があって、ミクロ経済学的な分析を好む人がいたら、社会的選択理論やメカニズム/マーケットデザインを学ぶことをお勧めする。社会的選択理論とメカニズム/マーケットデザインは、選挙制度や市場制度の性能の分析と評価、そして改善案の社会実装を目指す学問分野である。ゼミでは広義の社会的選択理論とメカニズムデザイン、その隣接分野である実験経済学や行動経済学、政治哲学の基本的な内容を学ぶ。ゼミの主役は学生なので、学生による発表とディスカッションが中心となる。 
4演習Ⅱ 2021年度 多数決や選挙の仕組みに、疑問を持ったことはあるだろうか。世の中の財の取引方法(例えばチケットの売買方法)や、マッチングの決め方(例えば就活)に、言いようのない不満を覚えたことはあるだろうか。もしそのような経験があって、ミクロ経済学的な分析を好む人がいたら、社会的選択理論やメカニズム/マーケットデザインを学ぶことをお勧めする。社会的選択理論とメカニズム/マーケットデザインは、選挙制度や市場制度の性能の分析と評価、そして改善案の社会実装を目指す学問分野である。ゼミでは広義の社会的選択理論とメカニズムデザイン、その隣接分野である実験経済学や行動経済学、政治哲学の基本的な内容を学ぶ。ゼミの主役は学生なので、学生による発表とディスカッションが中心となる。 
5外国書講読Ⅰb 2021年度 ミクロ経済学の重要トピックを英語で学ぶ。主に用いる教材はアルフレッド・ノーベル記念 経済学賞のプレスリリースや、一般向けの解説記事、専門家向けの解説記事である。学生が 比較的最近の受賞分野の中から自分の興味のあるものを選択し、他の学生に向けてわかりや すく説明する練習を行う(発表自体は日本語で OK)。学生の発表がメインの授業である。 
6外国書講読Ⅰa 2021年度 ミクロ経済学の重要トピックを英語で学ぶ。主に用いる教材はアルフレッド・ノーベル記念経済学賞のプレスリリースや、一般向けの解説記事、専門家向けの解説記事である。学生が比較的最近の受賞分野の中から自分の興味のあるものを選択し、他の学生に向けてわかりやすく説明する練習を行う(発表自体は日本語でOK)。学生の発表がメインの授業である。 
7経済学入門a 2021年度 経済学は、世界の出来事を説明し、予測し、改善することができる、面白くて役に立つ学問です。この授業では、経済学の基本的な内容を易しく解説します。「大学に行く価値はどれくらいあるのか?」といった身近な問題から「なぜ豊かな国と貧しい国が存在するのか?」といった世界的な問題を、データと理論モデルを駆使して一緒に分析してみましょう。講義形式ですが、学生の意見や疑問を積極的に取り入れながら授業を進めていきます。