駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

テヅカ ヨシハル (テヅカ ヨシハル,YOSHIHARU Tezuka)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1演習Ⅰ 2021年度 2021年度は、サバティアカル準備のため、テヅカゼミ演習1は休講します。本ゼミにおいて学生は、映画、テレビ、音楽、ファッション等、各自興味のある分野を選びメディア文化の調査研究をします。法学、政治学、哲学、社会学の文献を読み、カルチャルスタディースのアプローチを学びます。演習1は主に文献調査と輪読です 
2ドキュメンタリー制作演習 2021年度 ドキュメンタリー映画制作の演習です。多くの学生にとって、ヴィデオ・カメラはすでに身近なものだと思いますが、初めての人も歓迎します。学生各自の生活圏において、身近なテーマと撮影対象を見つけ、映像作品を制作します。 カメラを持つこと、撮影対象に関わることによって、「私」がいかに他者、そして社会との接点を見つけていくのか?「私」そして「他者」を記録し映像作品をつくるとはどういうことなのかを各自考察し、社会的実践としての私的映像制作を目指します。 
3演習Ⅱa 2021年度 本ゼミにおいて学生は、映画、テレビ、音楽、ファッション等、各自興味のある分野を選びメディア文化の調査研究をします。法学、政治学、哲学、社会学の文献を読み、カルチャルスタディースのアプローチを学びます。 
4演習Ⅱb 2021年度 本ゼミにおいて学生は、映画、テレビ、音楽、ファッション等、各自興味のある分野を選びメディア文化の調査研究をします。法学、政治学、哲学、社会学の文献を読み、カルチャルスタディースのアプローチを学びます。 
5新入生セミナー 2021年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中でテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、レポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
6表象メディア論 2021年度 社会学メディア文化研究(カルチュラル・スタディーズ)の入門講座です。新聞、テレビ等の報道番組のみならず、映画、音楽、アニメ等の「娯楽・芸術・ポピュラー文化」がいかに我々の主体性や価値観を形成し、政治社会的な「現実」を構成しているのかを考えるための理論を学びます。社会的「現実」の意味は多様であり、立場によって異なる見方が本来可能です。メディアは現実の「意味」をいかに構築し、我々はそれを受け入れているのか?ソシュールの差異論、ロラン・バルトの記号論、フーコーの力/知識/言説論等によって説明し ます。メディア(媒体)は、情報を伝えるための透明無垢な、伝達経路ではありません。「現実」を意味付ける政治的な抗争と交渉の場なのです。「文化」とリプレゼンテーション(表象)の関係を理解し、テキスト(表徴物)分析の基礎となる理論を学びます。映画・映像研究の基本的な理論を紹介します。 
7スクリーン・カルチャー 2021年度 映像文化とグローバル化についての講義です。映像(特にハリウッド映画)を通して「西洋・近代・資本主義」とそれに伴うライフスタイルは世界に拡散していきました。この講義では、アドルノ/ホーケイマーの「文化産業」論とウォルター・ ベンヤミンの「複製技術時代の芸術」論によって提起された議論 ー 映画を代表とするポピュラー・カルチャーは大衆を資本主義の家畜として飼いならす麻薬か、あるいは能動的な主体として民衆を覚醒し新たな社会的現実を構成する契機となり得るものか ー を出発点として、日本の映像文化および産業の戦後史と現在の状況を概説します。メディア&カルチュラル・スタディーズ(メディア文化研究)の基本理論、特に映像文化理論および映画学理論を中心に紹介し、戦後から現在にいたる日本映画産業の国際化、グローバル化、コスモポリタン化、ガラパゴス化の過程を実証的に分析します。 
8ドキュメンタリーの視線と実践 2021年度 ドキュメンタリー映画における「真実」とは何か? ドキュメンタリーとフィクションの違いとは? ドキュメンタリーに客観性はどの程度必要か? さまざまなドキュメンタリー映画を鑑賞して、ディスカッションを行います。上映作品例: Don't Look Back-ボブ・ディラン(1967) ペネバーガー カート&コートニー:カート・コバーン(1998)ブルームフィールド ゆきゆきて神軍(1985)原一男 新しい神様(1999)土屋豊 
9基礎演習 2021年度 2021年度は、サバティカル準備のため、テヅカゼミ基礎演習は休講します。本ゼミにおいて学生は、映画、テレビ、音楽、ファッション等、各自興味のある分野を選びメディア文化の調査研究をします。法学、政治学、哲学、社会学の文献を読み、カルチャルスタディースのアプローチを学びます。基礎ゼミと演習1は主に文献調査と輪読です 
10卒業研究 2021年度 演習3abでは、卒業論文の執筆、仕上げをおこないます。本演習では,文化のもつラディカルな政治の可能性に注目してみたい。まず日常性のなかから政治的に思考する力を養うべく近年の政治と文化の理論を概観し,その後ポップカルチャーや現代芸術,建築,フェス,ストリート,クラブ,おたく文化などの事例からラディカルな政治性を読み取り検討してゆく。 「文化」について批判的視座をもって学ぶこととは,現代の世界を理解することであると同時に,日常を生き残るための力を受講者自身が養うことなのである。 
11卒業研究 2021年度 演習3bは、主に卒業論文の執筆です。本演習では,文化のもつラディカルな政治の可能性に注目してみたい。まず日常性のなかから政治的に思考する力を養うべく近年の政治と文化の理論を概観し,その後ポップカルチャーや現代芸術,建築,フェス,ストリート,クラブ,おたく文化などの事例からラディカルな政治性を読み取り検討してゆく。 「文化」について批判的視座をもって学ぶこととは,現代の世界を理解することであると同時に,日常を生き残るための力を受講者自身が養うことなのである。