駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

荒井 浩道 (アライ ヒロミチ,ARAI Hiromichi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1社会福祉専門演習Ⅰ 2021年度 この授業では、研究テーマの選定、研究計画の立案、研究計画書作成等の一連の研究方法の習得を目指し、次年度のゼミ論文に繋げます。 
2社会福祉専門演習Ⅱ 2021年度 この授業では、研究計画書に基づいた卒業論文・ゼミ論文の作成を目指します。 
3社会福祉援助技術各論ⅠA 2021年度 この授業では,①人と環境との交互作用に関する理論とミクロ・メゾ・マクロレベルにおけるソーシャルワーク,②ソーシャルワークの実践モデルとアプローチ,③ソーシャルワークの過程,について学びます.講義形式の授業ですが,アクティブラーニングを積極的に採用します. 
4社会福祉援助技術総論 2021年度 この授業では,①社会福祉士及び精神保健福祉士の法的な位置づけ,②ソーシャルワークの基盤となる考え方とその形成過程,③ソーシャルワークの価値規範と倫理,④社会福祉士の職域と求められる役割,⑤ソーシャルワークに係る専門職の概念と範囲,⑥ミクロ・メゾ・マクロレベルにおけるソーシャルワークの対象と連関性,⑦総合的かつ包括的な支援と多職種連携の意義と内容,について学びます.講義形式の授業ですが,アクティブラーニングを積極的に採用します. 
5社会福祉援助技術各論ⅠB 2021年度 この授業では,①ソーシャルワークの過程とそれに係る知識と技術,②コミュニティワークの概念とその展開,③ソーシャルワークにおけるスーパービジョン,について学びます.講義形式の授業ですが,アクティブラーニングを積極的に採用します. 
6ソーシャルワーク演習 2021年度 本学の社会福祉士養成プログラムでは、2年次前期に「社会福祉援助技術現場実習Ⅰ」の単位を修得し、後期に本科目(ソーシャルワーク演習)の単位を修得した場合、次年度に「社会福祉援助技術現場実習Ⅱ・Ⅲ」及び「社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ」を受講することができます。 本科目は、2年次後期に配当され、前期の「現場実習Ⅰ」において次年度実習を認められた学生に対し、ケース研究や現場のソーシャルワーカーからの講義、実習終了者(3・4年生)からの情報伝達、ボランティア経験などに基づいて福祉現場に対する理解をさらに深めていきます。 
7ソーシャルワーク演習 2021年度 本学の社会福祉士養成プログラムでは、2年次前期に「社会福祉援助技術現場実習Ⅰ」の単位を修得し、後期に本科目(ソーシャルワーク演習)の単位を修得した場合、次年度に「社会福祉援助技術現場実習Ⅱ・Ⅲ」及び「社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ」を受講することができます。 本科目は、2年次後期に配当され、前期の「現場実習Ⅰ」において次年度実習を認められた学生に対し、ケース研究や現場のソーシャルワーカーからの講義、実習終了者(3・4年生)からの情報伝達、ボランティア経験などに基づいて福祉現場に対する理解をさらに深めていきます。 
8社会福祉援助技術現場実習Ⅰ 2021年度 本学の社会福祉士養成プログラムでは、2年次前期に本科目(社会福祉援助技術現場実習Ⅰ)の単位を修得し、後期に「ソーシャルワーク演習」の単位を修得した場合、次年度に「社会福祉援助技術現場実習Ⅱ・Ⅲ」及び「社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ」を受講することができます。本科目は福祉現場を知るための導入科目であり、社会福祉士の業務・役割、相談援助機関・施設の概要、福祉専門職及び実習生として必要な倫理等について体得することが目的となります。 
9社会福祉援助技術現場実習Ⅰ 2021年度 本学の社会福祉士養成プログラムでは、2年次前期に本科目(社会福祉援助技術現場実習Ⅰ)の単位を修得し、後期に「ソーシャルワーク演習」の単位を修得した場合、次年度に「社会福祉援助技術現場実習Ⅱ・Ⅲ」及び「社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅱ」を受講することができます。本科目は福祉現場を知るための導入科目であり、社会福祉士の業務・役割、相談援助機関・施設の概要、福祉専門職及び実習生として必要な倫理等について体得することが目的となります。 
10卒業論文 2021年度 この授業では、研究計画書に基づいた卒業論文・ゼミ論文の作成を目指します。