駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

藤原 篤志 (フジワラ アツシ,FUJIWARA Atsushi)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

担当科目
No.授業科目名 年度授業概要
1演習Ⅲ 2021年度 本演習ではテーマを「モノづくりの経営学」としており、主として製造企業の生産戦略、生産管理、技術管理、作業管理などを対象としている。またモノづくりには労働力が不可欠かつ重要な要素であるので、労働者による労働も考察の対象としている。本演習ではこのテーマに関してゼミ論文を作成し、それを題材にしたプレゼンテーション(発表・報告)や議論・討論を行う。このように受講生が「自分でやってみて学ぶ」受講生主体の授業である。 
2演習Ⅰ 2021年度 本演習ではテーマを「モノづくりの経営学」としており、主として製造企業の生産戦略、生産管理、技術管理、作業管理などを対象としている。またモノづくりには労働力が不可欠かつ重要な要素であるので、労働者による労働も考察の対象としている。本演習ではこのテーマに関してゼミ論文を作成し、それを題材にしたプレゼンテーション(発表・報告)や議論・討論を行う。このように受講生が「自分でやってみて学ぶ」受講生主体の授業である。 
3新入生セミナー 2021年度 高度な専門に触れることになる大学においては、高等学校等におけるよりも更に「自立的」で「主体的」な学習態度が要求されます。問題意識をもって世界に向き合う中でテーマや課題を自ら探し出し、必要な資料や文献等の調査を行い、レポートや発表によって自分の考えを他者に的確に伝え、他者の意見に真摯に耳を傾けること――専門分野を問わず、これが「自立的」で「主体的」な学習の道筋です。本科目はこうした学習のための入り口であり、次の4点を共通の指針としています。①駒澤大学において、誇りある大学生としての自覚を養う。②学びの態度を「学習」から「学問」へと深化させる。③他者との交流を通じて自己を磨く。④たえず流動する社会のなかで自己を方向づけ、位置づける。 
4演習Ⅱ 2021年度 本演習ではテーマを「モノづくりの経営学」としており、主として製造企業の生産戦略、生産管理、技術管理、作業管理などを対象としている。またモノづくりには労働力が不可欠かつ重要な要素であるので、労働者による労働も考察の対象としている。本演習ではこのテーマに関してゼミ論文を作成し、それを題材にしたプレゼンテーション(発表・報告)や議論・討論を行う。このように受講生が「自分でやってみて学ぶ」受講生主体の授業である。 
5生産管理論 2021年度 生産管理は製造企業における生産活動の管理であり、財の生産に投入する生産諸要素(資材、設備、労働力)を総合的に調整することにより、主としてQ(品質)・C(原価)・D(納期)の側面について企業の生産効率を最大にすることを目的としている。このような生産管理の機能・特徴を体系的に解説したい。また作業管理を中心に構築されてきた各種生産システム(テイラーシステム、フォードシステム、トヨタ生産システムなど)について講義形式で解説する。また本講義では生産や生産管理と密接に関連している労働者による労働も考察の対象とする。 
6経営学基礎 2021年度 本講義では、前期の企業論と同様に、経営学部において経営学や経営に関する専門科目を学んでいく際の入門編として、経営学の基本的な内容、特に管理論を中心に概説する。具体的には、企業経営に関わる基本的な概念、理論、そして管理論の各分野の基本的な内容を概説していく。また講義内容の理解を深めるために、新聞・雑誌の記事から実際の事例を紹介し、理論と現実を結びつけて講義を行いたい。