駒澤大学

研究者情報データベース

TOP
所属別検索
キーワード検索
研究分野別検索
条件指定検索

駒澤大学
ホームページ

勝原 晴希 (カツハラ ハルキ,KATSUHARA Haruki)

基本情報 研究分野 研究業績 教育業績 運営業績 社会貢献業績

 

書籍等出版物
No.タイトル著書種別担当区分出版社出版年月ISBN
1江戸文化の変容 学術書 共著 平凡社 1994年06月  

 

論文
No.論文タイトル雑誌名巻(号)ページ出版年月
1萩原恭次郎論-母胎への反逆- 日本のアヴァンギャルド 2005年05月 
2暴力装置としての近代-村上春樹『アフターダーク』 日本文学 2005年01月 
3可能性としての子規-『墨汁一滴』を中心に- 芸術至上主義文芸  ( 30号 ) 2004年11月 
4近代・現代の子どもの歌 国文学 2004年02月 
5江戸の身体、明治の精神 正岡子規集 2003年03月 
6『人間失格』-地上の聖性- 国文学 2002年12月 
7『日本詩人』と萩原朔太郎-大正詩を考えるために- 駒澤國文  ( 39号 ) 2002年02月 
8萩原朔太郎研究のこれから 国文学 2002年01月 
9孝女白菊の歌解説 新体詩・聖書・讃美歌集 2001年12月 
10三好達治-朔太郎以後の詩人としての- 現代詩手帖 2000年12月 
11萩原朔太郎と新派和歌 駒澤國文  ( 37号 ) 2000年02月 
12『雪国』、その苦痛と悲哀 川端文学の世界 1999年03月 
13感情詩派のポエジー 近現代詩を学ぶ人のために 1998年04月 
14明治期の詩歌 詩う作家たち 1997年04月 
15維新期の詩歌 岩波講座日本文学史 1996年10月 
16歴程の精神 日本の詩雑誌 1995年05月 
17宣長から子規まで 国語と国文学 1993年05月 
18一八・一九世紀の歌論におけるロマンティシズム 日本文学 1991年10月 
19朔太郎と白秋 日本近代文学 1987年10月 
20萩原朔太郎の転回 国語と国文学 1987年01月